最高の環境とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたが考える最高の環境とはどのような環境でしょうか?広いグラウンドや室内練習場、最新の機器それらが思い浮かぶかもしれませんが本当にあなたの成長に影響がある環境は別にあると思います。今回はそうした最高の環境についてあなたにお伝えしていきます。

本文はこちらから>>>

自主練をする時間がない?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生や中学生に自主練習を継続することの大切さを伝えていますがそうした中でよく言われることが多いのが「時間がない」という言葉です。では本当に時間がないのでしょうか?今回は自主練習を継続する上で知っておいていただきたいことを伝えていきます。

本文はこちら>>>

燃え尽き症候群は小学生でも起こりうる

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はスポーツ現場で
起こる燃え尽き症候群について
私の大学時代の具体例をご紹介しました。

しかしこうした燃え尽き症候群は
高校野球や大学野球など高い世代の
カテゴリーにのみ起こるとは限らないのです。

例えば少年野球でも
こうした燃え尽き症候群は起こりうる
可能性があると知っていましたか?

例えば少年野球の全国大会
この大会を勝ち抜くためには
おそらく偶然ではなく
チームとしてスタッフと保護者の連携
さらには選手たちの相当な努力が
必要となることでしょう。

私の経験上全国大会を制するには
本気で全国を制することを目標に
掲げてそれだけに取り組んで行く必要が
あると考えています。

一般的な少年野球チームですと
土日の練習に平日は自主練習ですが
そうした全国を目指すチームは
毎日のようにチーム練習があり
そのほかの生活を犠牲にして
高校野球のように練習を行います。

その結果チームも選手のレベルも
他のチームから比べれば高まることでしょう。
しかしここでの目標が少年野球で
日本一になることであった場合
実際にその目標が達成されてしまうと
小学生たちは燃え尽き症候群に
陥ってしまう可能性があります。

その結果日本一になったことに
満足をして中学校では野球をやらない
という選手がいるようです。

側から見ればなぜ日本一の
チームにいたのに中学で野球を
続けないのか?
と疑問に思うかもしれません。

しかし選手によっては
日本一になることが目標であったため
その目標が達成されたことで
十分に満足してしまい野球に対する
関心がなくなってしまうのです。

これは日本の野球界の
勝利至上主義の大きな問題点と言えるでしょう。
海外であれば他のスポーツでも
小学生は育成年代ととらえられているため
勝利にはこだわりません。
また多くの選手にチャンスが与えられる
トーナメントよりもリーグ戦を行うことで
試合数を増やしています。

ここでの目標は試合に勝つことではなく
スポーツを楽しむことや将来の活躍人向けて
上手くなることです。

その為小学生から中学生
中学生から高校生とカテゴリーが変わっても
競技をやめることはないでしょう。

もちろん少年野球で勝ちを目指すことや
日本一になることが悪いこととは言いません。
ただしそれ自体が最大の目標となってしまっては
いけません。なぜならば選手にとっての目標は
少年野球にその先にあるべきだからです。
中学野球へ進み高校野球で甲子園に出たい
高校や大学で活躍してプロ野球にいきたい
そうした大きな目標があれば
少年野球で日本一になってもそれはあくまで
通過点であり最大の目標が失われない限り
野球をやめることはないでしょう。

つまり小学生に燃え尽き症候群を
起こさせないためには
将来に向けた大きな目標を建てさせて
そのための練習をしてもらうことが
重要となります。

少年野球に携わる人も
いくらチームが優勝しても教え子が
中学で野球をやめてしまうことは
望んでいないと思います。

チームとして勝利を目指すことは
重要ですが選手のためにも
将来の大きな目標を与えてあげたり
考えさせてあげる時間をとってあげることも
大切にしていきましょう。

燃え尽き症候群の予備軍になってはいませんか?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは燃え尽き症候群
という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

燃え尽き症候群とは
一定の生き方や関心に対して
献身的に努力した結果思うような結果が
出ないことによる徒労感や欲求不満
または目標を達成した後に訪れる
虚脱感などのことをさします。

スポーツの世界では
大きな大会に望んだあと
例えばオリンピック後に達成感により
目標を見失ってしまったり
野球であれば甲子園を優勝して
満足し野球への関心を無くしてしまったり
ということが当てはまります。

実際に私も大学生の頃
チームの雰囲気が燃え尽き症候群に
陥っていると感じることがありました。
それは大学1年生の頃です。

私が法政大学に入学した当時
なんと投手陣には150kmを
超える速球を投げる投手が4名おり
さらにそれとは別にのちに
プロ野球選手となった投手が
2名いました。

さらに打撃陣も日本代表クラスの
バッターが数名並んでおり
圧倒的な打力と投手力で
春の東京六大学リーグを
10勝1敗制しました。

そしてその後に行われた
全日本大学野球選手権でも
連勝を続け法政大学としては
通算8度目で全国最多の優勝記録を
更新することになりました。

私は入学から間も無く
日本一の実感が湧かなかったのですが
その中でもやはりチームとして
六大学優勝そして日本一を
目指していたことは理解していたので
特に3,4年生の達成感や充実感は
一年生のも伝わってきました。

その後優勝パレードや祝賀会などが
行われたのですが
2ヶ月もすれば次は秋季リーグが始まる
ため通常の練習やオープン戦が
すぐに再開されました。

しかし、いざ練習が再開されると
春先に見た緊張感や鬼気迫るチームの
雰囲気は影を潜めてしまいました。

もちろんチームとしては
春秋のリーグ連覇を目指してはいましたが
なかなかチームとして浮き足立った雰囲気を
変えることができず
秋季リーグは優勝争いはしたものの
リーグ3位という結果に終わってしまいました。

今思えばこの時に起こったのがまさに
燃え尽き症候群であったのではないでしょうか?

日本一という最大の目標を達成してしまったことで
目標を失いその虚脱感から練習に身が入らず
試合でも結果が出せないまま
終わってしまったように思います。

こうした燃え尽き症候群は
高校野球や大学野球という
大きな舞台だけだと思ってはいませんか?
実はこうした燃え尽き症候群は
小学生や中学生でも起こりうることなのです。

その危険性について
次回はお伝えしていきます。

メンタルを鍛えるとは?〜具体的な方法〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はメンタル面を鍛える
というテーマで
主に脳の前頭葉を鍛えることが
重要だということをお伝えしました。

今回はその具体的な鍛え方である
メンタルトレーニングを
ご紹介いたします。

まず一つ代表的な
メンタルトレーニングに
「瞑想」というものがあります。
あなたも瞑想という言葉は聞いたことが
あると思いますが
実際にやったことがあるという人は
少ないのではないでしょうか?

瞑想にも色々な種類があるようですが
今回は基本的な方法を
紹介します。

1,姿勢を正す

座禅などを組み
背筋を伸ばします。

2,呼吸を行う

そのままの状態で鼻から呼吸を
行います。

3,姿勢と呼吸だけに3分程度集中をする

3分間その姿勢を正すことと
呼吸を行うことだけに意識を
集中させます。

簡単そうに感じるかもしれませんが
人間は常に脳で様々なことを考えているため
気がつけば別のことを考えてしまいます。
目を開けていても問題はありませんが
最初のうちは視覚情報からそちらに
意識が行ってしまうので目を瞑って
行えると良いでしょう。

この瞑想を行うことで
前頭葉が活性化されます。
ストレスが軽減されたり
呼吸に集中することで
まだ起こってもいない不安を
考えずにすみます。

また副交感神経が活性化され
正確にも変化が現れるでしょう。

落ち着きのない選手や
物事に集中できない選手は
こうした瞑想を取り入れることで
前頭葉を活性化させメンタルを
強化していくことがおすすめです。

もう一つ前頭葉を鍛える
トレーニングとして有効なのが
目標を立ててそれを達成する
計画を立て実行することです。

前頭葉は前回紹介したように
計画的な行動や自制心を司る
働きがあるものです。

つまりそれを鍛えるために
目標を立てて計画を作り
それを実行し続けるということ
それ自体が前頭葉に刺激を
与えることに繋がるのです。

例えば春までに140kmの
ストレートを投げたいという目標を
立ててそれを達成するために必要な
課題を考えます。
そしてさらにその課題を克服するために
必要な日々の練習メニューや練習計画表を
作成します。
最後にその計画を実行し続けるという
ことで毎日自制心を鍛え上げることができます。

こうした目標→計画→実行
というサイクルを長い期間続けることで
目標が達成されるだけではなく
努力を続けてこれたという自信にも
繋がります。
そして結果的に140kmという球速だけではなく
前頭葉が鍛えられたことで
プレッシャーに強く緊張にも強い
メンタルの強い選手となることができるのです。

もし今年のシーズンを通して
なかなか試合で結果を出せなかった
という選手はこうしたメンタルトレーニングを
通して前頭葉を鍛え上げ春を迎えてみるのも
良いのではないでしょうか?

↓レッスンではメンタルトレーニングにも
取り組んでいきます。

メンタルを鍛えるとは?〜前頭葉の役割〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

・プレッシャーに弱い
・緊張してしまう
・本番に弱い

こうした選手のことを
「メンタルが弱い」と
まとめて語ってしまいます。

あなたも
練習では良いプレーができるが
試合になるとダメ
という選手を見たことがあると思います。
あるいはあなた自身がそうであるかも
しれません。

メンタルが弱いという言葉は
よく使われる言葉ですが
残念ながら球速や飛距離、筋力や走力のように
数値化することができず
さらには守備の上手さように目で見ることも
できません。
強いていうならば
得点圏打率や得点圏被打率などが
参考となる可能性がある程度でしょう。

このように目に見えない
メンタルですが
メンタルトレーニングという言葉があるように
トレーニングによって鍛えることが
可能なのです。

そのためにまず
知っておいてもらいたいことは
ストレスについてです。

ストレスは心理的な負担ですが
これはそのままプレッシャーや
不安に繋がるものです。
そのため悪いもののように
感じるかもしれませんが
実は最高のプレーをするために
ストレスは必要なものなのです。

もちろん過度なストレスによる
ガチガチの緊張状態では
思うようにプレーをすることは
できませんが
そのストレスやプレッシャーを
コントロールし和らげることが
できると良い緊張状態を
迎えることができ
それが好成績に繋がっていくのです。

そしてそのストレスをコントロール
する力こそがメンタルというわけです。
つまりメンタルが弱い選手はこの
コントロールがうまくできないがために
緊張を和らげることができずに
プレッシャーに押しつぶされて
結果を残せず結果的に
「メンタルが弱い」と言われてしまうわけです。

ではこのメンタルを鍛えるためには
どうすれば良いのかをお伝えしていきます。

メンタルを鍛えるというと
少し曖昧な言葉になってしまいますが
より具体的には脳の前頭葉という部分を
鍛えることが鍵となります。

前頭葉の働きは
不安やプレッシャーを
コントロールしたり集中したり
計画的な行動をとったりするなど
自制心をコントロールする
役割があります。

これがまさにスポーツに限らず
必要なメンタルの力になります。
この前頭葉を鍛えることができれば

例えば
プレッシャーがかかる
ピンチの場面でも
その緊張を和らげることができ
最高の精神状態を迎えることができます。

また自主練習が継続しない
という選手も計画的な行動や
自制心をコントロールすることができるので
集中力や継続力を身につけることが
できるでしょう。

このように前頭葉を鍛えることで
野球選手にとっては大きな
メリットがあります。

次回は具体的にどのようにして
前頭葉を鍛えていくのかを
ご紹介していきます。

BASEBALL FUTUREの
レッスンでは
メンタルトレーニングも
取り入れています↓

【セノンスポーツゼロ】野球セミナー開催!!

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日新高円寺にある
セノンスポーツゼロにて
野球のセミナーを開催いたしました。

セミナーのテーマは
「小・中学生の選手、保護者の方が今知っておくべきこと」
という内容で1時間30分ほど
お話をさせていただきました。

普段あまり人前で話す
機会がなく慣れない
セミナーだったので
段取りや話し方などを含めて
完成度は低かったかもしれませんが
無事に終えることができ
セミナー中も多くの質問を
いただくなど私としても
有意義な経験をさせてもらいました。

ざっくりセミナーの内容を
お伝えすると
小・中学生という年代において
「今」という目先の結果に
こだわることで失われてしまう
将来の可能性と
将来の活躍に向けて
今知っておいた方が良い
知識についてをお伝えさせていただきました。

参加してくれた
選手、保護者
また指導者の皆さん
当日はありがとうございました。

こちらの施設では
毎週水曜日に
小学生、中学生に向けた
野球教室をBASEBALL FUTUREと
体育指導のスタートラインさんとの
共同で実施しています。

11月からは
バージョンアップをし
小学生対象の動作解析
グループレッスンに加えて
小・中学生対象の
ピッチング強化レッスンも
開講することとなります。

ピッチングレッスンでは
動作解析に加えて
トラッキングシステムの
ラプソードを導入し
球速やボールの回転数を
計測しながらのレッスンとなります。

おそらくトラッキングシステムを
活用したレッスンは全国を見渡しても
まだまだ珍しい最先端のレッスンと
なります。
(小学生用のレッスンでも使用します。)

興味がある方はぜひ一度
レッスンを受講してみてください。
申し込みはこちらから

小学生用動作解析レッスン
打撃・投球・守備・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-training/

小・中学生用ピッチング強化レッスン
投球・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-pitching-training/

またこうしたセミナーを
都内で受講されたいという方は
ぜひ下記問い合わせフォームより
お問い合わせください
期間限定でチームへ出張し無料にて
セミナーを開催させていただきます。

来シーズンのために終わり方が大切

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球ではいよいよ
クライマックスシリーズが開幕し
これから日本シリーズに向けて
大詰めを迎えていきます。

今シーズンセ・リーグ2位で
クライマックスチームに挑む
ラミレス監督は常々こうしたことを
選手たちに語っているそうです。

「シーズンをどのような形で終われるか
それが最も重要である」

もちろん優勝というチームとしても
目標や結果もありますが
この言葉は選手個人個人に向けられた
言葉だと思います。

プロ野球という長いシーズンの中では
なかなか結果が出ない時期もあることでしょう。
しかし、不調な時期があっても
一番大切なシーズン終盤に
力になってくれればそれが一番であり
それが来季にも繋がっていくんだ
というラミレス監督らしい
非常にポジディブな言葉でもあります。

実際にレギュラーシーズンで
活躍ができていなくても
クライマックスシリーズや
日本シリーズで大活躍をすれば
不思議なことに首脳陣からしても
ファンからしても一年を通して
活躍してくれた良い選手だと感じて
しまうことでしょう。

これは「親近効果」というものが
影響していると思われます。

親近効果とは
例えば議論の場で
数々の意見が飛び交う中
最後に意見をいった人の
コメントが印象に残りやすく
深く記憶に刻まれるというものです。

野球のシーズンも一緒で
仮に全く同じ成績の選手だとしても
4月ごろに絶好調で
後半失速した選手よりも
春先絶不調で
夏以降大活躍した選手の方が
良い印象が残ります。

それは周りの首脳陣や仲間
ファンの人たちだけではなく
やはり本人にとっても印象に残ります。

シーズン終盤に活躍することで
来シーズンの開幕まで
周りからの印象もよくなり
自分自身も自信を持って冬の練習に
望むことができるためモチベーションを
高めやすいことでしょう。

これはプロ野球以外にも同じことが
言えます。
高校野球では各地で秋季大会が
開催されていますが
秋季大会が終われば大会も
ひと段落し残すは練習試合のみとなります。

今年はなかなか成績がよくなかった
あまりアピールができなかった
という選手もこの冬前の
野球シーズン終盤に活躍をすることで
周りからの印象も自分への期待値も
大きく変わることでしょう。

シーズンをどのようにして終えるか
秋季大会で負けてしまい
なかなかモチベーションが見つけられない
という人もすでに来年に向けた戦いが
始まっているということを認識して
最高のシーズンの締めくくりを目指して
努力を続けてもらいたいと思います。

ピンチでの笑顔は本当に効果があるのか?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球をみていると
よくピンチで笑っていたり
負けている時ほど笑顔を作ろうと
したりします。

また「常勝」ではなく「常笑」を
スローガンに掲げるチームも
多くあります。

さてこのピンチでの笑顔は
本当に効果があるのでしょうか?

結論から言うとこの笑顔には
緊張を和らげたりメンタルを
冷静に保つ効果があります。

なぜこのようなことが
起きるかと言うと心理学的な言葉で
「認知的不協和」が起こるから
と言われています。

認知的不協和とは
個人の中で矛盾が生じるのを
嫌う現象でその矛盾を
取り除こうとして矛盾を解消するような
行動を起こすことです。

例を出して考えてみましょう。
例えば高価な買い物をした時
その高価なものが
とても良いものであり満足をしていれば
矛盾は生じません。
しかし高価な割に期待通りの
ものではなかったとします。

「高い買い物をした
にも関わらずあまり良くなかった」
このように生じた矛盾を取り除こうと
自分が高いお金を出して買った
ものだからこれはいいものなんだと
思い込もうとするのです。

これが認知的不協和です。

ピンチでの笑顔にもこれと
同じ効果が期待できます。

嬉しいことやいいことがあれば
笑顔になります。
ここに矛盾はありません。

ピンチや苦しい場面では
苦しい表情やプレッシャーで
体が固まったり、思うように
体が動かなかったりします。
ここにも矛盾はありません。

しかし
ピンチや苦しい場面で笑顔だと
どうでしょうか?
ここには矛盾が生じています。
認知的不協和により
人間はこの矛盾を取り除こうとします。

「自分が笑顔を作っているということは
ピンチや苦しい場面ではなく
むしろチャンスや絶好の場面だ」

このように脳が思い込むことで
冷静さを取り戻したり
いつも通りのプレーができたりします。

これが苦しい時やピンチの時に
笑顔になるという理由かもしれません。

しかしだからと言って
ずっと笑顔でいるのを私は
良いとは思いません。

もちろん試合に勝ったあとや
攻撃の得点のシーンでは
多少の笑顔があっていいと思いますが
ミスをして笑っていたり四球を出して
笑っているのは論外だと思います。

プロ野球の世界を見ても
良い投手ほど闘志は見せても
笑顔は試合が終わるまで見せません。

ポーカーフェイスと呼ばれますが
緊迫した試合で笑顔を見せることは
虚勢を張っているにすぎません。

私も高校野球まではそうした笑顔で
試合を乗り切るのも良いと思いますが
その先を目指すのであれば
それ相応の態度と姿勢を持って
試合に臨むべきだと思います。

もちろん
草野球や少年野球や遊びの野球では
楽しむことが目的なのでどんな場面でも
笑顔があっていいと思います。

PS.実はこのピンチで笑う
という行為には一時的な効果は
あるのですが、
試合が終わったあとなどに
その反動で不安や悲しみが増大する
というデータも出ているようです。

こうして考えると精神的には
一概に笑顔が良いとは言い切れないので
強制的に笑顔を作らせることだけは
してはいけない気がしますね。

20分後に記憶は〇〇%失われる

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

人はとても忘れやすい
生き物です。
覚えたつもりになっていても
少し時間が立ってしまうと
そのことを簡単に忘れてしまいます。

しかしもし仮に記憶を保つ方法が
あるとすればどうでしょうか?
監督やコーチに言われたこと
試合で失敗してしまったこと
新たに覚えた感覚
それら全てを覚えておくことが
できるので成長は早くなることでしょう。

実はこの記憶するという
能力は才能ではなく
あるテクニックが重要なのです。

そのテクニックさえ知っていれば
誰でも簡単に記憶力を
保つことができるのです。

20分後には42%忘れている

人間がどのようなペースで
記憶を失っていくのか
それは科学的に研究が
行われています。

そのペースはまず20分後に
言われたことの42%を失ってしまいます。
つまり20分後には約半分の58%しか
頭に残っていない状態になってしまうのです。

そうしてそのままにしておくと
一日、一週間、一ヶ月
と経つうちにほとんどの記憶を
失ってしまうのです。

このようにして段階的に
失われていく記憶は短期記憶と言われます。
短期記憶は脳が必要のないものと
判断しているのですぐに忘れてしまいます。
反対に必要のあるものと脳が判断すれば
短期記憶から長期記憶へと行こうし
長い間記憶を保っておくことが
できるようになります。

では脳が必要があるもの
と判断させるにはどうすれば
良いでしょうか?

それが復習です。

まず20分後の段階で1度
復習を行います。
これにより記憶は再び蘇ります。

そうしてその次は
1日後にもう1度復習を
行います。

その次は一週間後そして一ヶ月後
このようにして記憶を短期間に
復習していくことで脳は
これが必要な記憶であると判断します。
その結果長期記憶となり
忘れにくい情報=知識となります。

では普段の生活でどのように
これを使うことができるでしょうか?

そこで活用すべきなのは
野球ノートです。

野球ノートを書いている人は
多いと思いますが
書くだけで終わってしまってはいませんか?
もちろん書くという行為をすることで
まず1回目の復習が行われますが
そのままにしておけばすぐにその情報は
失われてしまいます。

野球ノートにはたくさんの大切な情報が
眠っています。
書くだけで終わりにせずに
しっかりとすぐに引き出せる
知識として保つために
書いた内容を定期的に見直すように
しておきましょう。

そうすることによって
同じ失敗を2度としなくなったり
サインミスなどをしなくなったり
することにつながるでしょう。

あなたも記憶の性質を理解し
うまく自分の知識を増やして
プレーに生かしていきましょう。

PS,この記憶法は
野球よりも勉強によく使えます。
授業を聞いてわかった気になって
終わるのではなく1日の終わりに
少し授業内容を復習するだけでも
大きく成績は変わっていくでしょう。