バッターとして最も持っておきたい能力とは〇〇〇

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日プレミア12決勝が行われ見事日本が韓国を降し優勝を飾りました。日本はプロ野球界を代表するようなトップ選手で打線を組みましたが、結果が出た選手と出なかった選手で明暗が分かれました。この差を単に調子が悪かったということで片付けてしまうこともできまずが、少し深く考えてみるとそこに成長のヒントが隠されているかもしれません。今回はこの短期決戦の結果からバッターとして最も持っておきたい能力について
考えていきましょう。

本文はこちら>>>

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編②〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はドラフト指名された野手3人について
フォームを分析していきました。
今回はロッテから5位指名を受けた
法政大学の福田選手からです。

福田選手は昨日紹介した
宇草選手と同じく
法政大学の選手でフルスイングが
魅力の左バッターです。

守備も非常に良い選手ですが
大阪桐蔭出身の選手ということもあり
やはりバッティングに非常に魅力を
感じます。プロ野球でも
ショートを守る強打の左打者は
少ないので活躍が期待されます。

福田選手のフォームの特徴は
構えでバットを高く構えるところです。

正直に言えば特にこの構え
自体はどんな形であっても
問題ないと思います。
重要なのはそこからどのように
テイクバックをしインパクトに持ってくるか
ということです。

そのテイクバックを見てみると
やや左腕が伸びた状態で
高い位置にグリップがあることが分かります。
実はこのような位置にバットがあると
バットが体から離れやすく
上手くインサイドアウトを
することが難しくなります。

もちろん遅いボールであれば
十分に対応することができますが
プロ野球の場合はそれでは間に合わないため
多くの選手が後ろの腕はバットを体に
引き付けるようにテイクバックをとっており
見た目は実にシンプルになっています。

実際にプロ野球選手のフォームと比べてみると
福田選手のバットが少し体から
離れてしまっていることが分かると思います。
そういった意味では
はじめに構えは関係ないと言いましたが
テイクバックでバットが体に離れないように
構えを修正する必要も出てくるかもしれません。

このポイントを修正できてくると
インコースや速球への対応も
良くなってくるので
おそらくプロの世界でも思い切った
フルスイングを見ることができることでしょう。

最後に横浜1位指名の
森選手です。

森選手は神奈川の桐蔭学園の
ショートとして選抜高校野球に出場し
日本代表としても一番打者として
活躍をした俊足巧打の内野手です。
(日本代表ではセンターを守りました。)

森選手は高校生としては
フォームが抜群に良く
タイミングの取り方から
バットの出し方まで現段階では
それほど気になる点はありません。

インコースへの対応も素晴らしく
上手く脇を開けて芯で捉えることが
できています。

少し気になるとすれば
アウトコースを打つ時にやや
体が浮き上がる点です。
これにより体幹が抜けてしまい
強い打球を打つことができなくなって
しまいます。

また打球もフライではなくゴロになりやすく
内野安打を狙うのであれば問題はありませんが
逆方向へのホームランを狙うような選手に
なる場合は欠点となるかもしれません。

こればかりは本人がどのような選手に
なりたいのか?
球団がどのような選手に育てたいのかによると
思うのでそれに合わせて対応ができればと
思います。

どの選手も大きな期待を背負って
プロの世界で戦うこととなりますが
全員が活躍することはできない
厳しい世界です。

しかし少しでも何かきっかけを掴み
一軍で活躍する姿を観れることを
願っています。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編①〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は今年のドラフトで指名された
注目の投手の気になるフォームについて
解説をしていきました。
今回は打者篇をお伝えしていきます。

まずは中日1位指名の
石川選手です。

石川選手は投手としても
今年の選抜で優勝投手となりましたが
プロでの評価は打者としての評価であり
中日は内野手として石川選手を育てる
つもりでしょう。

石川選手は
日本代表としてU18のワールドカップで
4番を務め木製バットへの対応も問題なく
大活躍をしました。

その要因としてあげられるのは
上半身の使い方のうまさです。
非常に使い方が柔らかく
またバットがしっかりと内側から
出るのでインコースもうまく
さばくことができており
高打率と長打を残すことができていました。

気になる点は下半身です。
骨盤の前傾はある程度できていますが
やや甘いところもあり
インコースにプロ野球選手の
キレの良い直球を投げ込まれると
初めのうちは苦戦しそうです。

また同様に低めに対しても
上半身主導で動き出してしまうため
バットの出が早く
鋭いボール球の変化球に対して
バットが止まらない可能性があります。

さらにタイミングの取り方が
やや悪く高校生のボールであれば
持ち前のスイングの力から
対応することができていますが
プロの球となると多彩な変化球に
タイミングが合わず苦戦しそうです。

ただし高校生としては現段階で
過去の選手と比べても
高いレベルにあるので
近い将来主軸を打つ選手となることでしょう。

昨年のドラフト1位根尾選手との
3、4番が実現すると思うととても
楽しみですね。

続いて阪神に指名された
井上選手。

井上選手は履正社の4番打者として
今年の夏全国制覇を成し遂げました。
甲子園の決勝では星稜高校の
奥川投手から見事な逆転ホームランを
放っており勝負強さも兼ね備えた
期待の長距離砲です。

井上選手については以前も少し触れましたが
フォームとしては下半身の使い方や
骨盤の使い方にチェックポイントがあります。

プロのトップ選手と比べて
骨盤の前傾が不十分であり
インコースに苦戦しそうです。
腕の長さはあるのでおそらく
投手からすればアウトコースは
注意が必要ですが
インコースを厳しく攻めて
ファールを打たせて
アウトコースに逃げていく変化球を
投げていればおそらく抑えられて
しまうでしょう。

しかし長身で体格も良く動きも
良いので時間をかけてフォームを
磨き上げていくことができれば
十分に期待が持てる選手だと思います。

続いて広島2位指名の宇草選手です。
宇草選手は法政大学の1番バッターとして活躍する
俊足と長打力を兼ね備えた左バッターです。
日本代表としても一番バッターとして
好成績を残しました。

俊足でアベレージが残せるだけではなく
ホームランを打つ力を持っているのが
とても魅力的なバッターです。
それを可能にしているのは
細身ながらも体の芯の力が強いことと
左手のリストの返しがとても強いことです。

こうした足の速さや体の強さやリストの強さは
なかなか教えることは難しく
天性のものでもあるので広島が
高い順位で指名したことにも頷けます。

フォーム的に見るとすり足気味の
ステップからボールをギリギリまで引きつけて
打つことができるのが特徴的です。
(それを可能にしているのがリストの強さです)
ただ気になるのはフォームを始動する時に
一旦前足を後ろ足の方に引いてきて
そこから一気に踏み出していく点です。

宇草選手は下級生のうちは
タイミングなどに苦しみ
今のフォームに変えたことで成功をした
そうですが、
通常であればこの打ち方をすると
体が突っ込みやすくなり
また軸足の股関節に体重が乗っている時間が
短くなるためタイミングを取ることが
難しくなってしまいます。

プロ野球のトップレベルの選手を見ると
やはり打てる選手ほど軸足の股関節に
体重が乗っている時間が長く
ここでストレートや変化球への
タイミングを図っています。

また骨盤の前傾がやや甘く
タイミングが合わないときは一塁側に
体が倒れてしまうことも気になります。
しかしとてもボディバランスに優れているようで
倒れた体勢からも逆方向に器用にヒットを
打てていますがプロの左投手のスライダー
などで攻められた時に上手く対応できるかが
ポイントになりそうです。

フォームに特徴はありますが
独特なフォームのため周囲に批判されつつも
大活躍をする選手もたくさんいるので
是非とも独自のスタイルを貫いて欲しいと
思います。

次回は同じく法政大学の
福田選手についてです。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編②〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨日に引き続き今日も
ドラフト指名された投手の
フォームについて解説していきます。

オリックス1位指名
宮城投手

宮城投手は150kmに迫る
直球とキレのいいスライダーや
チェンジアップが魅力の左投手です。

この投手は非常にフォームが綺麗で
現段階でほとんど出来上がっていると
言えると思います。
強いて気になるところをあげるのであれば
足を上げてから前足を伸ばして踏み出していき
胸を張る動作があります。

この動作が少し短く
「間」がありません。
もちろんこの短い間がバッターのタイミングを
狂わせることもありますが
そうした特徴のある選手は
ショートイニングのリリーフピッチャーに多く
ワンポイントでの起用に限られてしまいます。

先発として長いイニングを投げる投手は
ここの「間」でうまく脱力をしており
その脱力からリリースで一気に力を発揮することで
バッターからすると球速以上のキレを
感じるようになります。

制球が磨かれれば
今のままでも十分通用すると思いますが
宮城投手がこれからどのような
投手に成長していくか楽しみですね。

続いて
阪神1位指名の
西投手

西投手は体の強さがあり
躍動感のあるフォームから
150kmを超えるストレートと
鋭いスライダーが持ち味の
投手です。
甲子園ではガッツポーズが
話題となりました。

高校日本代表としても
大活躍でしたが
気になるのは
勢いのありすぎるフォームです。
躍動感が魅力的ではありますが
力いっぱいに投げるあまり
体重移動や体の動きが
不十分に終わっている印象です。

特にリリースでは強く頭を振っており
毎回被っている帽子が飛んでしまう程です。

プロ野球選手とリリースを
比較してみると
頭が一塁側に傾き少し
苦しい形でボールを投げていることが
分かります。

首回りは神経回路の通り道で
脳からの指令を体全体に送る
部分でもあります。
こうした苦しい体勢で
投げることによりその神経回路が
正常に働かずリリースで思ったような
力を発揮できない可能性があります。

このように頭を振ってしまう選手は
思いっきりボールを投げようとするうちに
癖になってしまったか
体幹が弱いことで正常な位置に
頭を維持することができずに
頭の位置がブレてしまうかです。

西選手の場合はこのどちらに
当たるかは分かりませんが
どのように変化していくのか
追っていくのも面白いと思います。

最後にロッテ1位指名の
佐々木投手です。

佐々木投手に関しては
フォームで気になる点は
ほとんど見当たりません。

ただフォームとは繊細なもので
少し変えたつもりが色々なところが
変わってしまい気づけば
修復不能なほど崩れてしまうことも
あります。

今シーズン西武から引退した
大石投手もその一人でした。
大石投手は早稲田大学から
ドラフト会議で6球団からの指名を受け
最終的に西武が交渉権を獲得しました。
大学時代はダイナミックなフォームから
MAX155kmの直球を武器に
「わかってても当たらないストレート」を
投げていました。

しかしプロに入ると早々に怪我をしてしまい
復帰した後もその後遺症で
フォームが崩れてしまい150kmを超える球を
投げることはとうとうありませんでした。
個人的には背中側に入るテイクバックが
特徴的でそのテイクバックのタイミングが
怪我により掴めなくなりフォームを修正できなかった
ように思います。

これは藤浪投手も同様かもしれません
藤浪投手は一年目から活躍をしましたが
近年は制球難に苦しみ
フォームを見失っています。
藤浪投手もテイクバックが大きいことが
特徴的ですがそのタイミングを掴めていない
ように思います。

それに関係がありそうなのが
この骨盤の後傾です
大石投手も藤浪投手も
よかった時に比べると
骨盤が後傾してしまっており
それに伴ってテイクバックのタイミングが
崩れているように思います。

 

現在ソフトバンクに在籍する
2016年のドラフトで5球団から指名を受けた
田中正義投手も同じように
大きいテイクバックが特徴的で
大学時代のテイクバックのタイミングを
見失いくすぶっているように感じます。

佐々木投手の場合もやや
ダイナミックなフォームで
テイクバックが大きいことが特徴的です。

現在のままのフォームで自信を
持って投げ続けていき
体を壊すことがなければ
そのまま活躍ができとんでもない
投手になる可能性を秘めていますが
怪我や制球に苦しみ
フォームに悩んでしまうと修正がきかない
タイプかもしれません。

いずれにしても
フォームは繊細なものであり
プロ野球のコーチといえど
簡単に矯正することは危険だと
言われています。

理想は自分自身が納得し
頭の中でイメージした理想の
フォームを無理なく体が自然に
投げられることです。

今回紹介した選手たちは
誰が見てもトップスターになる
実力や可能性を秘めているので
そのまま成長をしていって欲しいと思います。

PS.当然このままのフォームでも
十分活躍する可能性はあるので
個人的には壁にぶつかるまでは
そのまま見守っていくことが良いと
思っています。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓
ピッチング強化レッスン

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

プロ野球 リクエスト制度について

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球界では
昨年からリクエスト制度というものが
採用され今年で2年目となり
野球を見ている人たちにとっては
当たり前のものとなってきました。

リクエスト制度を知らない人のために
そのルールを少し説明すると

審判の判定に異議がある場合
VTRによる検証を求めることができる制度です。

こうしたルールはMLBでも2014年から
採用されており
他の競技を見渡しても
テニスやバレーボールで
「チャレンジ制度」として広く知られています。

日本のプロ野球における
基本ルールは以下の通り

・リクエストは1試合で2回まで可
(延長戦ではリセットされて1回まで可能)
・判定が覆った場合はリクエストの回数は減らない。
・リプレー検証時間は5分以内、確証が得られない
場合は最初の判定通りとする。

このようになっており今シーズンも
リクエストにより多くの判定が覆る結果
となりました。

これにより今まで誰が見ても
明らかに誤審であった判定が
正しく判定され選手としては助かった
ことでしょう。

また、明らかな誤審をしてしまった
審判にとっても今まではちょっと考えれば
判定は逆だったかもしれないと
思っていても後から判定を変えることは
難しかったですが、判定を覆すことができる
チャンスが生まれたことで正しいジャッジを
することができ後から批判を受けたり
感情的になりがちな監督からの抗議を
減らすことができたりするので良いことだと思います。
(私は審判をしたことがないので実際のところ
審判の方がどう考えているかは分かりませんが)

ただ問題となるのは
明らかな誤審とは言えない
微妙な判定へのリクエストです。
やはり人間が審判をする以上
完璧なジャッジは不可能であり
その不完全さが野球の醍醐味の
一つだと私は考えていますが

リクエスト制度の採用により
こうした本当に際どいプレーに対しても
肉眼ではなくVTRで判定ができるように
なりました。これにより判定の精度は
高くなりましたが、こうした際どい判定が
覆ることで審判の誤審の数が増えてしまい
審判のレベルという概念が出てきて
しまったように思います。

実際に審判のレベルが落ちている
というような言葉もよく聞きます。
しかし、
際どいプレーの判定となった時
リクエストが申請されると
そのVTRを球場にあるモニターや
テレビ中継でもスローで再生がされます。

そしてそのスローのVTRを見てみても
本当に際どいプレーが多く
スローで判定を行ってもアウトかセーフか
判定がしづらいという場合が
とても多くありました。

つまりスローでみてもわからないものを
審判が肉眼で瞬時にかつ正確にジャッジ
することは不可能ということです。
しかもビデオ検証は球場に設置されている
様々な角度からのカメラでチェックを行いますが
審判は一つの角度からしかプレーをみることが
できません。

こうしたことを考えると
審判にとって誤審はつきものであり
私たちがそれに対して審判に
批判を行うことは見当違いのように
思います。

最近ではAIによる審判を採用する
という話もあるようですが
個人的には今のままの審判制度が
続くことを願っています。

戦力外通告後の選択肢

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日プロ野球各球団で
第一次戦力外通告が発表されました。

毎年レギュラーシーズンが終わった
この時期は戦力外選手の話題と
なります。

今年もベテラン選手から
若手の選手まで
実に数多くの選手が
戦力外通告を受けました。

戦力外となった選手には
今後いくつかの選択肢があります。

まず現役を続けるかどうか
という選択肢です。

現役を続ける場合
最も良いとされているのが
他球団からオファーを受けることです。
今の球団からは戦力外とみなされていても
他球団にとっては戦力となる可能性があります。

12球団合同トライアウトがシーズン後に
行われるのでそこに向けて調整をし
アピールをすることで他球団から
オファーがもらえることがあります。

またすでに実績があるという選手の場合は
あえてこのトライアウトには参加せず
他球団からオファーが来ることを待つ
という選択肢もあります。

しかしいずれにしても
プロ野球は厳しい世界であり
一度戦力外になってから
他球団からオファーがもらえる選手は
一握りでさらにオファーがもらえても
活躍ができなければまたすぐに
戦力外を受けてしまいます。

そうしたことは選手達が
一番理解しているため
トライアウトを今まで
関わってくれたファンや
家族に見せる最後の引退試合
として受ける選手も
多くいるようです。

現役を続けたい場合
NPBにこだわらなければ
最近では社会人野球や
独立リーグに戦いの場を
移すというケースも増えてきています。

社会人野球に行く場合は
その会社に就職することとなるので
社会人野球が終われば
そのままその会社に勤めることになり
給料も他の社員と同等であるため
家族がいる選手にとっては
ありがたい選択肢であると思います。
ただし社会人野球もレベルが高いため
オファーが来る可能性は高いとは言い切れません。

独立リーグに行くという選択は
やはりプロに比べれば給料は低くなり
就職をするわけではないので
もう一度NPBを目指したいという
若手や実績を残してきたベテランが
選ぶことが多いです。

近年だと
元オリックスの若手の佐藤世那投手が
NPB復帰を目指して独立リーグに移籍したり
巨人の村田選手や元メジャーリーガーの
西岡剛選手といったベテランが
独立リーグに移籍をしてNPB復帰を目指しました。

次に現役引退を選んだ場合です。
選手として大活躍をして実績を
残してきた選手の場合
球団の功労者として引退を
自らの意思で決め球団が
引退試合などの花道を用意することが
ありますが

戦力外となって引退せざるを得ない
ケースがこれにあたります。
こうしたケースになるのは
中堅の選手が多いですが
かなり若くして首を切られてしまう
というケースもあります。

中堅選手の場合は
自ら新たな就職先を見つけたり
よほど人柄がよく真面目な選手ですと
球団が裏方の仕事を作ってくれたりします。
(コーチや広報など)
もちろん人柄が悪いから球団に残れない
ということではありませんが
球団も全員を雇うことは難しく
さらにはやはり人間なので
練習態度が悪かったり
私生活に問題があるような
人間的に問題がある選手の場合は
球団が仕事を用意することはないでしょう。

ドラフトも近づいてきており
今年も200名近い選手が
プロ志望届を提出しました。

昨年は育成も含めて
104名がプロからの指名を受けて
プロ野球選手としてのスタートを切りました。

今年も100名近い選手が
指名されるとすれば
こうした戦力外通告があるのは
当然のことなのかもしれません。

一つ言えることは
プロに入ることがゴールなのではなく
活躍することが野球選手としての
ゴールであるということと
戦力外になったことで
野球選手としては終わりかもしれませんが
それはこれからの人生においては
ほんの一部分に過ぎないということです。

これからプロ野球を本気で
目指したいという選手はこうした
リスクがあるということを知った上で
覚悟を持って挑んでもらいたいと
思います。

来シーズンのために終わり方が大切

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

プロ野球ではいよいよ
クライマックスシリーズが開幕し
これから日本シリーズに向けて
大詰めを迎えていきます。

今シーズンセ・リーグ2位で
クライマックスチームに挑む
ラミレス監督は常々こうしたことを
選手たちに語っているそうです。

「シーズンをどのような形で終われるか
それが最も重要である」

もちろん優勝というチームとしても
目標や結果もありますが
この言葉は選手個人個人に向けられた
言葉だと思います。

プロ野球という長いシーズンの中では
なかなか結果が出ない時期もあることでしょう。
しかし、不調な時期があっても
一番大切なシーズン終盤に
力になってくれればそれが一番であり
それが来季にも繋がっていくんだ
というラミレス監督らしい
非常にポジディブな言葉でもあります。

実際にレギュラーシーズンで
活躍ができていなくても
クライマックスシリーズや
日本シリーズで大活躍をすれば
不思議なことに首脳陣からしても
ファンからしても一年を通して
活躍してくれた良い選手だと感じて
しまうことでしょう。

これは「親近効果」というものが
影響していると思われます。

親近効果とは
例えば議論の場で
数々の意見が飛び交う中
最後に意見をいった人の
コメントが印象に残りやすく
深く記憶に刻まれるというものです。

野球のシーズンも一緒で
仮に全く同じ成績の選手だとしても
4月ごろに絶好調で
後半失速した選手よりも
春先絶不調で
夏以降大活躍した選手の方が
良い印象が残ります。

それは周りの首脳陣や仲間
ファンの人たちだけではなく
やはり本人にとっても印象に残ります。

シーズン終盤に活躍することで
来シーズンの開幕まで
周りからの印象もよくなり
自分自身も自信を持って冬の練習に
望むことができるためモチベーションを
高めやすいことでしょう。

これはプロ野球以外にも同じことが
言えます。
高校野球では各地で秋季大会が
開催されていますが
秋季大会が終われば大会も
ひと段落し残すは練習試合のみとなります。

今年はなかなか成績がよくなかった
あまりアピールができなかった
という選手もこの冬前の
野球シーズン終盤に活躍をすることで
周りからの印象も自分への期待値も
大きく変わることでしょう。

シーズンをどのようにして終えるか
秋季大会で負けてしまい
なかなかモチベーションが見つけられない
という人もすでに来年に向けた戦いが
始まっているということを認識して
最高のシーズンの締めくくりを目指して
努力を続けてもらいたいと思います。