自主練をする時間がない?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生や中学生に自主練習を継続することの大切さを伝えていますがそうした中でよく言われることが多いのが「時間がない」という言葉です。では本当に時間がないのでしょうか?今回は自主練習を継続する上で知っておいていただきたいことを伝えていきます。

本文はこちら>>>

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編②〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

昨日に引き続き今日も
ドラフト指名された投手の
フォームについて解説していきます。

オリックス1位指名
宮城投手

宮城投手は150kmに迫る
直球とキレのいいスライダーや
チェンジアップが魅力の左投手です。

この投手は非常にフォームが綺麗で
現段階でほとんど出来上がっていると
言えると思います。
強いて気になるところをあげるのであれば
足を上げてから前足を伸ばして踏み出していき
胸を張る動作があります。

この動作が少し短く
「間」がありません。
もちろんこの短い間がバッターのタイミングを
狂わせることもありますが
そうした特徴のある選手は
ショートイニングのリリーフピッチャーに多く
ワンポイントでの起用に限られてしまいます。

先発として長いイニングを投げる投手は
ここの「間」でうまく脱力をしており
その脱力からリリースで一気に力を発揮することで
バッターからすると球速以上のキレを
感じるようになります。

制球が磨かれれば
今のままでも十分通用すると思いますが
宮城投手がこれからどのような
投手に成長していくか楽しみですね。

続いて
阪神1位指名の
西投手

西投手は体の強さがあり
躍動感のあるフォームから
150kmを超えるストレートと
鋭いスライダーが持ち味の
投手です。
甲子園ではガッツポーズが
話題となりました。

高校日本代表としても
大活躍でしたが
気になるのは
勢いのありすぎるフォームです。
躍動感が魅力的ではありますが
力いっぱいに投げるあまり
体重移動や体の動きが
不十分に終わっている印象です。

特にリリースでは強く頭を振っており
毎回被っている帽子が飛んでしまう程です。

プロ野球選手とリリースを
比較してみると
頭が一塁側に傾き少し
苦しい形でボールを投げていることが
分かります。

首回りは神経回路の通り道で
脳からの指令を体全体に送る
部分でもあります。
こうした苦しい体勢で
投げることによりその神経回路が
正常に働かずリリースで思ったような
力を発揮できない可能性があります。

このように頭を振ってしまう選手は
思いっきりボールを投げようとするうちに
癖になってしまったか
体幹が弱いことで正常な位置に
頭を維持することができずに
頭の位置がブレてしまうかです。

西選手の場合はこのどちらに
当たるかは分かりませんが
どのように変化していくのか
追っていくのも面白いと思います。

最後にロッテ1位指名の
佐々木投手です。

佐々木投手に関しては
フォームで気になる点は
ほとんど見当たりません。

ただフォームとは繊細なもので
少し変えたつもりが色々なところが
変わってしまい気づけば
修復不能なほど崩れてしまうことも
あります。

今シーズン西武から引退した
大石投手もその一人でした。
大石投手は早稲田大学から
ドラフト会議で6球団からの指名を受け
最終的に西武が交渉権を獲得しました。
大学時代はダイナミックなフォームから
MAX155kmの直球を武器に
「わかってても当たらないストレート」を
投げていました。

しかしプロに入ると早々に怪我をしてしまい
復帰した後もその後遺症で
フォームが崩れてしまい150kmを超える球を
投げることはとうとうありませんでした。
個人的には背中側に入るテイクバックが
特徴的でそのテイクバックのタイミングが
怪我により掴めなくなりフォームを修正できなかった
ように思います。

これは藤浪投手も同様かもしれません
藤浪投手は一年目から活躍をしましたが
近年は制球難に苦しみ
フォームを見失っています。
藤浪投手もテイクバックが大きいことが
特徴的ですがそのタイミングを掴めていない
ように思います。

それに関係がありそうなのが
この骨盤の後傾です
大石投手も藤浪投手も
よかった時に比べると
骨盤が後傾してしまっており
それに伴ってテイクバックのタイミングが
崩れているように思います。

 

現在ソフトバンクに在籍する
2016年のドラフトで5球団から指名を受けた
田中正義投手も同じように
大きいテイクバックが特徴的で
大学時代のテイクバックのタイミングを
見失いくすぶっているように感じます。

佐々木投手の場合もやや
ダイナミックなフォームで
テイクバックが大きいことが特徴的です。

現在のままのフォームで自信を
持って投げ続けていき
体を壊すことがなければ
そのまま活躍ができとんでもない
投手になる可能性を秘めていますが
怪我や制球に苦しみ
フォームに悩んでしまうと修正がきかない
タイプかもしれません。

いずれにしても
フォームは繊細なものであり
プロ野球のコーチといえど
簡単に矯正することは危険だと
言われています。

理想は自分自身が納得し
頭の中でイメージした理想の
フォームを無理なく体が自然に
投げられることです。

今回紹介した選手たちは
誰が見てもトップスターになる
実力や可能性を秘めているので
そのまま成長をしていって欲しいと思います。

PS.当然このままのフォームでも
十分活躍する可能性はあるので
個人的には壁にぶつかるまでは
そのまま見守っていくことが良いと
思っています。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓
ピッチング強化レッスン

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜投手編①〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先月2019年のプロ野球ドラフト会議が
行われ100名近い選手が指名を受け
新たにプロ野球選手としてスタートをきります。

高校生から大学生さらには社会人と
幅広いカテゴリーからの指名となりましたが
プロで活躍する以上は年齢は関係なく
高卒でも社会人でも野球の成績だけが
生き残る上で重要となってきます。

大学生や社会人に比べて高卒の選手の方が
伸び代を期待されて指名をされており
育成の期間があると考えられています。
逆に大学生や社会人から入団した選手は
即戦力として一年目から活躍が期待されます。

しかしながら近年は
高卒であっても2〜3年で戦力外通告を
受けてしまうケースもあり
よほど期待をかけられていない限り
高卒であろうと社会人であろうと
早々にプロに対応して行くことが
必要であると言えるでしょう。

そこで今回は指名された選手の中で
気になった選手のフォームについて
お伝えしていきたいと思います。

まずは投手から

ヤクルト1位指名
奥川投手

奥川投手については
ドラフト前に一度
投球フォームについて気になる点を
お伝えさせていただきましたので
こちらをご覧ください。
→ http://baseball-future.com/2019/08/30/blog-8-30-2/

広島1位指名
森下投手

森下投手は
東京六大学野球の
明治大学のエースとして
また大学人本代表のエースとして
名実ともに大学球界NO.1の
ピッチャーといっていいでしょう。
その特徴は抜群のコントロールと
150kmを超える伸びのあるストレートです。

細身の体からは想像のつかないボールを
体のしなりによって生み出しており
フォーム的にも全体的にバランスが取れています。

しかし一つ気になる点は
骨盤の後傾です。
足を上げてから前に踏み出していく
フェーズにおいて骨盤がやや後傾し
体が一塁側に傾いてしまっています。

これにより骨盤の回転が早くなり
体の開きも早くなってしまいます。
こうなってしまうと打者にボールが
見えやすくなってしまうばかりか
リリースポイントも手前になってしまうため
いくら球速が速くてもプロの一流バッターには
簡単に打ち返されてしまう可能性があります。

もちろん最初のうちはデータがないため
ある程度の活躍をするとは思いますが
そこから広島のエースとなるには
この骨盤の使い方が重要となってくるでしょう。

プロ野球の一流投手である
ダルビッシュ投手や千賀投手も
高校時代はこの骨盤の後傾が目立ちましたが
現在は修正されています。

次回はオリックスに指名された
宮城投手について

 

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓
ピッチング強化レッスン

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

投手力を上げるために

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

秋も終わりが近づき
これから冬にかけて実戦練習の
機会は減っていきます。
次に実戦機会があるのは
2月や3月ごろで大事な試合があるのは
4月ごろとなるでしょう。

こうした期間を利用してこの夏や秋
投手力に苦しんだチームは
強化をして投手力をチームとして
上げていきたいところです。

投手力を上げるうえで
まず行なってもらいたいのは
何をどうしたいのか?
どんなピッチャーになりたいのか?
を明確にすることです。

投手として総合力を上げるために
必要な要素は
・コントロール
・球速
・変化球
・スタミナ
・フィールディング
これらに加えてメンタル面が
上げられます。

これら全てを手に入れることは
難しいですが冷静に自分を分析して
自分に今もっとも足りていないものを選び
それを鍛えるために冬の期間を利用して
もらいたいと思います。

手に入れたいものを明確にしたら
次にどのような練習をするのかを
考えていきましょう。

コントロールを上げるためには?
球速を上げるためには?
変化球を磨くためには?
スタミナを上げるためには?
フィールディングを磨くためには?

ただいつも通りの練習をこなしていると
何も変わらずに春を迎えてしまいます。
そうならないようにこうしたことを考えて
目的を持って練習メニューを作って
実践をしていきましょう。

・課題がわからない
・どうすれば球速が上がるかわからない
・コントロールを上げるには?

こうした悩みがある選手は
ぜひこの機会に11月からスタートする
ピッチング強化レッスンをお試しください。

ピッチング強化レッスンでは
トラッキングシステムを使い
球速や回転数を計測し
さらに動作解析によってあなたの
フォームの課題を分析していきます。

詳しくは下記より↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

少年野球における敬遠

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ここ数年MLBやNPBにおいても
申告敬遠が導入され少年野球でも
申告敬遠が採用されるようになりました。

これにより今までの敬遠とは違い
投球をする必要がなくなったので
敬遠がよりしやすくなりました。

敬遠を選択する意図は
主に二種類あると思います。

まず一つ目は
どうしても打たせてはいけない
強打者をピンチで迎えた時

もう一つは打者とはあまり
関係なく敬遠により
ランナーを増やすことによる
リスクをとってでも
塁を埋めてフォースプレーを
しやすくするためです。

ですが昔高校野球では
この二つに当てはまらない
敬遠がありました。
それは有名な松井秀喜さんの
甲子園での5打席連続敬遠です。

強打者なのでピンチであれば
勝負を避けるのは当然ですが
ランナーがいない状況でも勝負を
しなかったのはなかなかできない作戦です。
しかし、結果的に敬遠策をとったチームが
勝ったのでこの作戦は成功であり
勝負に徹する必要がある高校野球においては
なしではないと思います。

ですがまだまだ体格的にも技術的にも
発展途上の少年野球においては
どうでしょうか?

以前個人レッスンをしている選手の
チームの試合を観戦する機会がありました。
その選手は5年生ながら6年生の試合に出場し
主軸を打っています。
体格も大きい方でスイングも鋭いことから
その地区では以前から警戒されている
バッターでは合ったのですが
なんと観戦した試合では4打席全てで
敬遠をされてしまったのです。

しかも塁が埋まっていない場面は
もちろんのこと
ランナーがいない場面でも
さらには満塁の場面でも
敬遠をしてきたのです。

少年野球でも敬遠をすることは
将来の勝負の中でどのような場面で
敬遠をすべきかを知っておく上でも
悪くはないと思います。

しかしまだ育成の段階にある
小学生にこのようにあからさまな
敬遠策をとってしまうことは
疑問が残ります。

まず一つは敬遠をされたバッターの
打席機会を奪ってしまうことです。
チームとしては塁に出れれば良いことですが
やはり小学生としては楽しい野球を
するのに一回もスイングができなければ
つまらないでしょう。

特にたくさん練習をして試合に臨んでいる
選手にとってはなんのために練習をしているのか
わからなくなってしまうでしょう。
中学生や高校生であれば
ある程度考えもしっかりしてくるので
割り切れるかもしれませんが
小学生にそれを求めるのは難しいでしょう。

下手をすれば
打席経験を積むことで
将来もっと良い選手に
なれる可能性があるのにそれを
潰してしまうことになりかねません。

また対戦したピッチャーにとっても
良いことはありません。
おそらく敬遠の指示を出しているのは
監督やコーチです。
小学生が自ら敬遠を選ぶことはないでしょう。
もちろんピンチの場面であれば
別ですがランナーがいない場面や
満塁の場面で敬遠をさせることは
「お前じゃそのバッターを絶対に打ち取れない」
と言われているのと同じことです。

勝負を考えれば「あり」かもしれませんが
育成を考えれば明らかに「なし」でしょう。

本来であれば少年野球は楽しく
正々堂々と勝負をして打たれてしまえば
打たれないように工夫や努力をし
相手との勝負を楽しみながら
成長を促すことが目的であるはずです。

それを大人のエゴで潰してしまい
敬遠をしたピッチャーに何が残るのでしょうか?

何度も言いますが
小学生の敬遠がダメというわけ
ではありません。

あくまでも状況に応じた
作戦上の敬遠は私も良いと
思います。
しかしながらランナーなしや
満塁など勝負をしなければいけない
場面では打たれても良いので
勝負をしてほしいと思います。

それにより
バッターは打席機会を与えられて
練習の成果を試すことができ
ピッチャーも良い打者と対戦する
経験を積むことができるのです。
もちろん打たれたとしても
その悔しさが練習への原動力と
なることでしょう。

ピッチャーの心理からしても
一度でいいからプロ野球選手と
真剣勝負をしてみたいと
考えたことはないでしょうか?

それと同じように小学生であっても
良いバッターとの勝負は
楽しみなものだと思います。

もちろん
監督やコーチの勝たせてあげたい
という気持ちも理解できますが
あくまで選手の将来のためという
大きな心を持って采配をしてもらいたいと
思います。

ps.それぞれのチームで
方針や考え方も違うので一概に
良い悪いを決めるのは難しいですが
何か作戦を決める上でそれは自分が
勝つためにやりたいことなのか?
選手の将来のためにやることなのか?
ということを考えることが重要だと思います。

11月より新プランスタート!!〜Youtubeチャンネル〇〇〇〇TVにも紹介された新施設〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日も少しお伝えしましたが
11月より新高円寺に今年オープンした
新施設セノンスポーツゼロにて
新たな野球レッスンプランが開講されます。

こちらの施設は先日
野球ユーチューブチャンネル
クニヨシTVさんにもご紹介していただいた
新たな施設です!

今回はこちらで開講する
2つのレッスンプランについて
ご紹介をしていきます。

まず1つ目が
小学生を対象の
動作解析レッスンです。

定員:10名
ボール:軟式球
時間:水曜日19時〜20時30分
内容:投球・打撃・守備・コーディネーション
  メンタルトレーニング

こちらのレッスンの特徴は
1動作解析システムを活用した
打撃フォームや投球フォームの改善

2ゴールデンエイジに大切な
運動神経を高めるトレーニング

3メンタルトレーニングを

この3つ
これらを掛け合わせることで
他にはない本格的なレッスンを
実施していきます!

2つ目のプランは
小学5年生~中学生を対象とした
ピッチング強化レッスンです。

定員:10名
ボール:軟式球・硬式球
時間:水曜日20時40分〜21時40分
内容:投球・コーディネーション
  メンタルトレーニング・動作解析・ラプソード

「球速を上げたい!」
「コントロールをつけたい!」
「エースになりたい!」
そんな思いを実現するために
投手のレベルアップに必要な
要素を凝縮した
レッスンを行なっていきます。

動作解析はもちろんのこと
このレッスンの最大の特徴は
rapsodo(ラプソード)
というトラッキングシステムを
活用したレッスンを行うことです。

ラプソードで測れる数値は主に
・球速
・回転数
・回転軸
・ボールの変化量
・ボールの角度
などです。

これらを定期的に計測し
目標を立ててそれに向けて
どのような取り組みを
日々行なっていくのか?

こうしたことをレッスンを通して
学んでもらい継続力を
身につけてもらいます。
(小学生向けレッスンでも
ラプソードは使用します。)

どちらのレッスンも
目先の活躍ではなく
将来の活躍にフォーカスした
レッスンとなります。

もし小・中学生の今
どうしても活躍したい
という場合はこちらのレッスンは
おすすめできないかもしれません。

ですが
高校や大学さらにはその先を
見据えて今から練習をしたい
という選手にはおすすめなので
ぜひ一度レッスンを受けに来てください!

下記サイトより
申し込みが可能です↓
小学生用動作解析レッスン
打撃・投球・守備・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-training/

小・中学生用ピッチング強化レッスン
投球・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-pitching-training/

【セノンスポーツゼロ】野球セミナー開催!!

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日新高円寺にある
セノンスポーツゼロにて
野球のセミナーを開催いたしました。

セミナーのテーマは
「小・中学生の選手、保護者の方が今知っておくべきこと」
という内容で1時間30分ほど
お話をさせていただきました。

普段あまり人前で話す
機会がなく慣れない
セミナーだったので
段取りや話し方などを含めて
完成度は低かったかもしれませんが
無事に終えることができ
セミナー中も多くの質問を
いただくなど私としても
有意義な経験をさせてもらいました。

ざっくりセミナーの内容を
お伝えすると
小・中学生という年代において
「今」という目先の結果に
こだわることで失われてしまう
将来の可能性と
将来の活躍に向けて
今知っておいた方が良い
知識についてをお伝えさせていただきました。

参加してくれた
選手、保護者
また指導者の皆さん
当日はありがとうございました。

こちらの施設では
毎週水曜日に
小学生、中学生に向けた
野球教室をBASEBALL FUTUREと
体育指導のスタートラインさんとの
共同で実施しています。

11月からは
バージョンアップをし
小学生対象の動作解析
グループレッスンに加えて
小・中学生対象の
ピッチング強化レッスンも
開講することとなります。

ピッチングレッスンでは
動作解析に加えて
トラッキングシステムの
ラプソードを導入し
球速やボールの回転数を
計測しながらのレッスンとなります。

おそらくトラッキングシステムを
活用したレッスンは全国を見渡しても
まだまだ珍しい最先端のレッスンと
なります。
(小学生用のレッスンでも使用します。)

興味がある方はぜひ一度
レッスンを受講してみてください。
申し込みはこちらから

小学生用動作解析レッスン
打撃・投球・守備・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-training/

小・中学生用ピッチング強化レッスン
投球・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-pitching-training/

またこうしたセミナーを
都内で受講されたいという方は
ぜひ下記問い合わせフォームより
お問い合わせください
期間限定でチームへ出張し無料にて
セミナーを開催させていただきます。

野球 片足でバランスをとる重要性と方法②

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は片足でバランスを
とることの重要性を解説していきました。

片足でバランスがとれることで
バッティング、ピッチング、守備、走塁
全ての場面でパフォーマンスが
あがっていきます。

では今回はどのようにしてバランスを
とっていくべきかを解説していきます。

まず
なぜバランスが悪くなってしまうのかを
考えていきましょう。

その原因は大きく分けて3つあります。
まず1つ目「頭の位置」

頭の重さは個人差はありますが
約7〜10kgほどあると言われています。

数字にして見るとそれぐらいかと
思うかもしれませんが
これはかなり重いということを
まず理解しておきましょう。
練習でよくメディシンボールを
使う選手は3kgのメディシンボール3つ分
と考えるとかなり重いことが想像できると思います。

この頭が足の真上にきていれば
安定感が出ると思いますが
片足になると地面に接している
足の上に頭を持ってくることが
うまくできずにバランスを崩してしまう
ということがよくあります。

その原因となるのが
2つ目のお腹周りの筋肉です。
これはいわゆる腹筋背筋や側筋
といった部分です。

このお腹周りの筋肉が弱い状態だと
骨盤から頭にかけてのラインをまっすぐに
保つことができません。

その結果体を左右にそらしたような
状態になってしまい
頭の位置が安定せずさらに頭の重さで
バランスを崩してしまいます。

そして3つ目が
片足が上半身を支える
土台の役割を担えていない
ということです。

下半身は上半身の下にあり
土台として上半身を支えています。
しかしこの土台が片足となると
片方の足で上半身全てを支える必要が
出てきます。

つまりこの時に片足で
上半身を支え切る筋力がなければ
必然的にバランスを崩すことになり
土台が崩れれば全体のバランスが
崩れてしまうという結果に
繋がってしまうのです。

よってバランスを保つためには
まず片足で上半身を支え切る
筋力である臀筋を強化し

上半身をまっすぐに保つための
お腹周りの筋肉である
腹筋・背筋・側筋を鍛え

その上で
頭の位置を土台となる片足の
真上に位置することができれば
安定したバランスを取ることが
できるということになります。

こうしたバランスは
体重が重い選手の方が
支える重量が重い分
筋力を必要とするため
難しいですが

体重が重い選手は
普段からそうしたバランスがとりずらい
状態で過ごしてきたため
効率よくバランスを取る感覚が
養われているというケースもあります。

バランス感がない選手は
こうしたバランスを取る感覚を呼び覚すことと
お腹周りの筋肉と臀部の筋肉を
鍛えることで動きがスムーズになり
全ての面でパワーアップすることが
できるでしょう。

もしこうしたバランスに不安が
あるという選手は一度レッスンを
受けていただければ
具体的な練習方法を伝授させていただきます↓

野球 片足でバランスをとる重要性と方法①

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球のプレーにおいて
「片足でバランスをとる」
と言うことはとても重要な
要素の一つです。

・バッティング
・ピッチング
・守備
・走塁

この全てで片足になる瞬間が
訪れます。
そのためこの片足でバランスが
とれないと言うことは
それだけで野球選手にとっては
致命傷とななりかねず
これが優秀な選手とそうでない選手の
境目であると言っても過言ではありません。

では具体的にどのような場面で
片足になるのかを考えてみましょう。

バッティングの場合

まずバッティングにおいて
片足のバランスが求められるのは
テイクバックにおいて前足をあげて
トップに向けて踏み出していく時です。

この時に片足でバランスが
取れていないと
ピッチャーが投げるボールに
合わせて前足を踏み出していくことが
できません。
しかしバランスが取れていれば
投球に合わせていつでも
前足を踏み出して体重移動を
行うことができるので高い打率や
飛距離を出すことができるでしょう。

こうしたバランスを取ることが
できない選手はそもそも
足をあげずにすり足や
ノーステップでスイングをすることが
多いです。

しかしそれでは軸足側に十分に
体重を残すことができずに
勢いよく体重移動をすることが
できないためスイングに支障が
出てきてしまいます。

ピッチングの場合

ピッチンングの場合でも
投球に向けて前足をあげた時
片足でバランスを取る必要があります。
この時バランスが取れていないと
投球方向に対してまっすぐ
足を踏み出していくことができず
体重移動も正確に行うことができず
倒れこむようにして前に突っ込んで
ボールを投げることになってしまいます。

良いボールを投げるためには
体重を後ろ足側に残しつつ
重心を移動させて最後に
踏み出した前足に体重を
勢いよく移していく必要がありますが
片足でバランスが取れないために
後ろ足に側に体重を残す時間が
少なくなり突っ込んだフォームに
なりやすくなってしまうのです。

守備・走塁

守備においても
走塁においても共通することは
走る動作です。

走ると歩くの違いを
知っていますか?
走ると歩くの違いは
スピードの違いでもありますが
動作的に大きな違いは
地面を飛んでいる
時間があるということです。

そして飛んでから着地する時に
必ず片足になりますが
飛んだ衝撃を片足で受けてめて
バランスを取ることができなければ
体の軸がぶれてしまい
軸がぶれることでロスが生まれ
タイムロスをしてしまいます。

これが足が遅い原因の一つでもあります。

このように
全てのシーンで片足でのバランスは
重要となってきます。
ではどのようにしてバランスを
取れば良いのでしょうか?

これについては次回解説します!

打撃/投球 軸足はどっち?〜体重を残せとは②〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回打撃、投球においての
軸足について解説を行いました。

ざっくり前回の内容をまとめると
インパクトやリリースにかけて
軸足は後ろ足から前足に
体重移動によって変化するということです。

「つまり体重を後ろに残せ」と言いつつも
実際に最後までは体重を残してはいけない
ということです。

では体重を後ろに残せとは
どういう意味なのかを今回は
解説していきます。

結論から言うと
この体重を後ろに残せとは
投球においても打撃においても
前足を着地させトップに入る
直前まで体重移動を我慢して
後ろ足に体重を残せと言う意味です。

この我慢ができないと
いわゆる突っ込んだ
状態になってしまいます。

突っ込んだ状態になってしまうと
体重移動のタイミングが
インパクトやリリースに合わないため
結果的に体重移動の勢いを利用できない
ばかりか
打撃の場合、投球にタイミングを
合わせることができずに空振りもしくは
見逃しをしてしまい

投球の場合は上半身のみを使った
無理なフォームとなり球速がつかない
コントロールがつかない
最悪の場合負担により肩や肘を
故障することに繋がってしまいます。

「軸足に体重を残せ」と言うと
体重移動がおろそかになり
パフォーマンスが上がらず
逆に
「体重移動をしろと」と言うと
体が突っ込みすぎて
パフォーマンスが上がらない

これが少年野球だけでなく
ほとんど全ての野球選手に
共通する課題です。

逆に言えばこの課題を
理解し克服できている選手が
活躍をすることができているのです。

実はこうした体重移動や突っ込みは
フィールディングにも共通する
課題でもるのです。

一度この体重移動のによる
軸足の変更のタイミングを
掴んでしまえば投球においても
打撃においても守備においても
一気にパフォーマンスをアップさせる
ことができるでしょう。

この課題を克服させるためには
あるコツが存在します。
このコツを理解できていなければ
いくら「体重を残せ」と言われても
「体重移動をしろ」と言われても
上達することは難しいでしょう。

もしこのコツを知りたいと言う方は
ぜひ一度BASEBALL FUTUREの
体験レッスンを受けてみては
いかがでしょうか?

一度のレッスンでも
大きな変化が現れるかもしれませんよ