バッティング肩が下がるデメリットとは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいて肩が下がってはいけないということをあなたも聞いたことがあると思います。しかし本当に下がることは悪いことなのでしょうか?今回はその肩の下がりについてお伝えをしていきます。

本文はこちらから>>>

バッターとして最も持っておきたい能力とは〇〇〇

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日プレミア12決勝が行われ見事日本が韓国を降し優勝を飾りました。日本はプロ野球界を代表するようなトップ選手で打線を組みましたが、結果が出た選手と出なかった選手で明暗が分かれました。この差を単に調子が悪かったということで片付けてしまうこともできまずが、少し深く考えてみるとそこに成長のヒントが隠されているかもしれません。今回はこの短期決戦の結果からバッターとして最も持っておきたい能力について
考えていきましょう。

本文はこちら>>>

自主練をする時間がない?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生や中学生に自主練習を継続することの大切さを伝えていますがそうした中でよく言われることが多いのが「時間がない」という言葉です。では本当に時間がないのでしょうか?今回は自主練習を継続する上で知っておいていただきたいことを伝えていきます。

本文はこちら>>>

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編②〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はドラフト指名された野手3人について
フォームを分析していきました。
今回はロッテから5位指名を受けた
法政大学の福田選手からです。

福田選手は昨日紹介した
宇草選手と同じく
法政大学の選手でフルスイングが
魅力の左バッターです。

守備も非常に良い選手ですが
大阪桐蔭出身の選手ということもあり
やはりバッティングに非常に魅力を
感じます。プロ野球でも
ショートを守る強打の左打者は
少ないので活躍が期待されます。

福田選手のフォームの特徴は
構えでバットを高く構えるところです。

正直に言えば特にこの構え
自体はどんな形であっても
問題ないと思います。
重要なのはそこからどのように
テイクバックをしインパクトに持ってくるか
ということです。

そのテイクバックを見てみると
やや左腕が伸びた状態で
高い位置にグリップがあることが分かります。
実はこのような位置にバットがあると
バットが体から離れやすく
上手くインサイドアウトを
することが難しくなります。

もちろん遅いボールであれば
十分に対応することができますが
プロ野球の場合はそれでは間に合わないため
多くの選手が後ろの腕はバットを体に
引き付けるようにテイクバックをとっており
見た目は実にシンプルになっています。

実際にプロ野球選手のフォームと比べてみると
福田選手のバットが少し体から
離れてしまっていることが分かると思います。
そういった意味では
はじめに構えは関係ないと言いましたが
テイクバックでバットが体に離れないように
構えを修正する必要も出てくるかもしれません。

このポイントを修正できてくると
インコースや速球への対応も
良くなってくるので
おそらくプロの世界でも思い切った
フルスイングを見ることができることでしょう。

最後に横浜1位指名の
森選手です。

森選手は神奈川の桐蔭学園の
ショートとして選抜高校野球に出場し
日本代表としても一番打者として
活躍をした俊足巧打の内野手です。
(日本代表ではセンターを守りました。)

森選手は高校生としては
フォームが抜群に良く
タイミングの取り方から
バットの出し方まで現段階では
それほど気になる点はありません。

インコースへの対応も素晴らしく
上手く脇を開けて芯で捉えることが
できています。

少し気になるとすれば
アウトコースを打つ時にやや
体が浮き上がる点です。
これにより体幹が抜けてしまい
強い打球を打つことができなくなって
しまいます。

また打球もフライではなくゴロになりやすく
内野安打を狙うのであれば問題はありませんが
逆方向へのホームランを狙うような選手に
なる場合は欠点となるかもしれません。

こればかりは本人がどのような選手に
なりたいのか?
球団がどのような選手に育てたいのかによると
思うのでそれに合わせて対応ができればと
思います。

どの選手も大きな期待を背負って
プロの世界で戦うこととなりますが
全員が活躍することはできない
厳しい世界です。

しかし少しでも何かきっかけを掴み
一軍で活躍する姿を観れることを
願っています。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編①〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は今年のドラフトで指名された
注目の投手の気になるフォームについて
解説をしていきました。
今回は打者篇をお伝えしていきます。

まずは中日1位指名の
石川選手です。

石川選手は投手としても
今年の選抜で優勝投手となりましたが
プロでの評価は打者としての評価であり
中日は内野手として石川選手を育てる
つもりでしょう。

石川選手は
日本代表としてU18のワールドカップで
4番を務め木製バットへの対応も問題なく
大活躍をしました。

その要因としてあげられるのは
上半身の使い方のうまさです。
非常に使い方が柔らかく
またバットがしっかりと内側から
出るのでインコースもうまく
さばくことができており
高打率と長打を残すことができていました。

気になる点は下半身です。
骨盤の前傾はある程度できていますが
やや甘いところもあり
インコースにプロ野球選手の
キレの良い直球を投げ込まれると
初めのうちは苦戦しそうです。

また同様に低めに対しても
上半身主導で動き出してしまうため
バットの出が早く
鋭いボール球の変化球に対して
バットが止まらない可能性があります。

さらにタイミングの取り方が
やや悪く高校生のボールであれば
持ち前のスイングの力から
対応することができていますが
プロの球となると多彩な変化球に
タイミングが合わず苦戦しそうです。

ただし高校生としては現段階で
過去の選手と比べても
高いレベルにあるので
近い将来主軸を打つ選手となることでしょう。

昨年のドラフト1位根尾選手との
3、4番が実現すると思うととても
楽しみですね。

続いて阪神に指名された
井上選手。

井上選手は履正社の4番打者として
今年の夏全国制覇を成し遂げました。
甲子園の決勝では星稜高校の
奥川投手から見事な逆転ホームランを
放っており勝負強さも兼ね備えた
期待の長距離砲です。

井上選手については以前も少し触れましたが
フォームとしては下半身の使い方や
骨盤の使い方にチェックポイントがあります。

プロのトップ選手と比べて
骨盤の前傾が不十分であり
インコースに苦戦しそうです。
腕の長さはあるのでおそらく
投手からすればアウトコースは
注意が必要ですが
インコースを厳しく攻めて
ファールを打たせて
アウトコースに逃げていく変化球を
投げていればおそらく抑えられて
しまうでしょう。

しかし長身で体格も良く動きも
良いので時間をかけてフォームを
磨き上げていくことができれば
十分に期待が持てる選手だと思います。

続いて広島2位指名の宇草選手です。
宇草選手は法政大学の1番バッターとして活躍する
俊足と長打力を兼ね備えた左バッターです。
日本代表としても一番バッターとして
好成績を残しました。

俊足でアベレージが残せるだけではなく
ホームランを打つ力を持っているのが
とても魅力的なバッターです。
それを可能にしているのは
細身ながらも体の芯の力が強いことと
左手のリストの返しがとても強いことです。

こうした足の速さや体の強さやリストの強さは
なかなか教えることは難しく
天性のものでもあるので広島が
高い順位で指名したことにも頷けます。

フォーム的に見るとすり足気味の
ステップからボールをギリギリまで引きつけて
打つことができるのが特徴的です。
(それを可能にしているのがリストの強さです)
ただ気になるのはフォームを始動する時に
一旦前足を後ろ足の方に引いてきて
そこから一気に踏み出していく点です。

宇草選手は下級生のうちは
タイミングなどに苦しみ
今のフォームに変えたことで成功をした
そうですが、
通常であればこの打ち方をすると
体が突っ込みやすくなり
また軸足の股関節に体重が乗っている時間が
短くなるためタイミングを取ることが
難しくなってしまいます。

プロ野球のトップレベルの選手を見ると
やはり打てる選手ほど軸足の股関節に
体重が乗っている時間が長く
ここでストレートや変化球への
タイミングを図っています。

また骨盤の前傾がやや甘く
タイミングが合わないときは一塁側に
体が倒れてしまうことも気になります。
しかしとてもボディバランスに優れているようで
倒れた体勢からも逆方向に器用にヒットを
打てていますがプロの左投手のスライダー
などで攻められた時に上手く対応できるかが
ポイントになりそうです。

フォームに特徴はありますが
独特なフォームのため周囲に批判されつつも
大活躍をする選手もたくさんいるので
是非とも独自のスタイルを貫いて欲しいと
思います。

次回は同じく法政大学の
福田選手についてです。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

打席での工夫とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球も各地で秋季大会が
終盤戦となり春のセンバツ出場に向けて
熱戦が繰り広げられています。

そうした中
BASEBALL FUTUREとして
動作解析のサポートを行なっている
日本学園高校がベスト16へと
勝ち上がりました。

ベスト8をかけた
強豪創価高校戦では
悔しいコールド負けとなってしまいましたが
選手たちは新チームで良い経験を
積むことができたと思います。

さてこうした高校野球は
プロ野球や大学野球などの
拮抗した力を持つチーム同士の
リーグ戦ではなく
たくさんの参加チームの中で
一発勝負のトーナメント形式で
大会が行われます。

これにより戦う相手の力は
勝ち上がることに上がっていき
ベスト16やベスト8までくる頃には
どこと戦っても厳しい勝負となることでしょう。

そうなってくると当然ながら
対戦する投手のレベルも
上がっていきます。
くじ運にによっては初戦や二回戦ぐらいまで
チームの打力が相手投手のレベルを
上回っていればコールドで勝ち進むことも
できるでしょう。

しかし勝ち進んだ先で
レベルの高いピッチャーと対戦した時
初戦や二回戦と同じような戦い方を
してしまうと全く歯が立たないということも
あり得るでしょう。

そうした時に
やらなければいけないことは
「打席での工夫」です。
もちろん個人レベルでは
力関係的に相手投手に勝てるという
選手もいると思います。

しかし自分の力と
相手投手の力を冷静に分析した結果
自分が劣っていると感じれば
それを補うための工夫をする必要があります。

では具体的にどのような
工夫をすべきでしょうか?

まずは簡単な方法として
グリップを一握り分短く持つ
これによりバットは出やすくなり
速球などへの対応力は上がっていきます。

短くすることに抵抗がある選手も
いるかもしれませんが
プロ野球選手でも短く持つ選手もいます。
また長く持って凡退するくらいなら
短く持ってヒットを打った方が確実に
選手としての評価は高まるでしょう。

実際に打席に立ってみて
長く持ったらミートできないと思ったら
短く持つようにしてみましょう。

次に球種を絞ることです。
レベルの高いピッチャーを相手にするほど
全てのボールに合わせることは難しくなります。
であればどれか打てそうな球種を一つ絞り
それに合わせて思いっきりスイングをする方が
ヒットの確率は高くなるでしょう。

高校生の場合変化球の
球種も少ないのでヤマを張っていれば
一試合の中で数球は狙い通りの打てる球が
くるはずです。その時に打ち損じないような
練習をしておきましょう。

球種を絞る上で参考にしてもらいたい
考え方が一つあります。
それは相手のシフトや自分の打席での
結果から次の球種を読み取る方法です。

例えば自分が左バッターで
相手のシフトがレフトよりに守っており
前進をしてきた場合
バッテリーのや守備の考えとしては
投手が打者に買っており引っ張る力はない
と思われています。

そうした場合わざわざ変化球を使ってくることは
考えずらくまっすぐ中心となることでしょう。

またまっすぐに合わせてスイングをして
タイミングのあった空振りや
強いファールを打った場合
バッテリーとしては
「打者はまっすぐを張っているかも
引っ張る力がある」と考えます。

ということはよほど考えていない
バッテリーでなければ
勝負どころでは変化球を使ってくることが
予想されます。

こうした時はまっすぐをケアしつつも
変化球を待っておくことが得策でしょう。

このようにグリップを短くしたり
球種を予測することで投手との力の差を
埋めることができます。
レベルが上がれば上がるほど
真っ向勝負では勝てなくなるので
打席での工夫を覚えていきましょう。

PS,バッテリーとしては
相手打者が何を考えているのかを
探ることが重要になります。
球種を読んでくるタイプなのか?
決め打ちをしてくるタイプなのか?
コースを絞ってくるタイプか?
それとも何も考えていないバッターなのか?
これらを感じ取りそれぞれに合わせた配球を
することができると良いでしょう。

軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜打撃〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回軟式球から硬式球への
対応のために必要なこととして
守備での対応方法をお伝えしていきました。

今回は打撃での対応方法を
お伝えしていきます。

最初に断っておくと
実は守備に比べて打撃の場合
硬式球への変化で苦労をする
という人は少ないです。

その理由は基本的にボールを
打つという技術において
それほど大きく変わることがなく
むしろ軟式球より硬式球の方が
打ちやすいという場合があるからです。

軟式球の場合
力のある選手は
スイングの力によりボールが潰れてしまい
ポップフライが多くなってしまいます。
また少しでもこすってしまうと
打球は前に飛んでくれません。
しかしながら硬式球の場合
ボールが潰れることはないので
ある程度捉えていれば前に打球は
飛んでくれます。

もちろんしっかりとミートをしなければ
ヒットを打つことは難しいですが
金属バットで打撃をするうちは
力が強い選手にとっては硬式の方が
ありがたいと感じるはずです。

こうした理由から
基本的には軟式から硬式へは対応しやすく
むしろ硬式野球を終えて
草野球などの軟式野球をすると
硬式の癖でボールを潰してしまい
ヒットが打てず対応ができないという
ケースの方が多いでしょう。

さて、では硬式球への対応として
苦しむ点をあげるとすればどのような
ことが考えられるでしょうか?

それは個人的には
インコースだと思います。
軟式球の場合インコースを強引に
打ちにいって多少詰まったとしても
ボールが柔らかいためスイングの力で
内野を越すことができまた手に痺れるような
痛みはきません。

ですが硬式球の場合
インコースに詰まらされてしまうと
よほど力がない限り内野の頭を越すことは難しく
また手にも相当な衝撃が伝わるため
痺れるような痛みを感じます。

こうした痛みを脳が覚えてしまうと
それを無意識に回避しようとして
インコースに手が出なくなってしまいます。

こうしたことから
軟式ではインコースを打てていたのに
硬式ではインコースに手を出せなくなって
しまうということが起こり得ます。

これを回避するために
やってしまいがちなのが
ヘッドを早く返して
芯に当てに行く練習ですが
こうした練習をしてしまうと
変化球を待ちきれずに空振りをしてしまったり
そもそも芯に当てたとしても
ファールになってしまったりします。

ではどうすれば良いのか?
対策は2つあります。

まず一つ目は
インコースを捨てること
インコースが苦手なうちは
無理にインコースを打ちに行く必要はありません。

どんなにコントロールの良いピッチャーでも
全てインコースで攻めてこれるということは
あり得ないので試合ではインコースはカットをするなど
してそのほかのボールを待ちましょう。
もちろんそのままではいけないので
その間にインコースを打つ練習をしておき
苦手は克服しておきましょう。

二つ目は
詰まることを恐れずに
引きつけてインサイドアウトを徹底すること。
インコースであってもなるべく体にボールを
引きつけて詰まってしまうことを恐れずに
体の内側からスイングをすることができれば
ファールにすることもなく強い打球を打つことが
できます。
この時に体がのけぞるように骨盤が後傾してしまうと
バットが出てこなくなるので注意しましょう。

また一流選手はこのインコースを
前の腕の脇を開けて対応します。
脇を開けることに抵抗がある指導者や選手も
いるかもしれませんが
脇を開けても正しい形であれば力が逃げる
ことはないのでぜひ挑戦してもらいたいと思います。

軟式から硬式に変わった直後は
軟式での思いっきりの良い
スイングが良い結果をうみ
好成績を残せることが多いです。
しかし少しづつ練習で慣れてくると
詰まったりバットの先で打ったりした時の
経験が頭に残ってしまい
バットを思いっきり振れなくなってしまいます。
そこから抜け出して打てるようになった時
初めて硬式球へ対応ができたことになるので
最初の間に対応ができないからといって
モチベーションを落とさずに練習をしていきましょう。

春から硬式野球を始めるという方へ↓
一度硬式を打ってみませんか?