2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編①〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は今年のドラフトで指名された
注目の投手の気になるフォームについて
解説をしていきました。
今回は打者篇をお伝えしていきます。

まずは中日1位指名の
石川選手です。

石川選手は投手としても
今年の選抜で優勝投手となりましたが
プロでの評価は打者としての評価であり
中日は内野手として石川選手を育てる
つもりでしょう。

石川選手は
日本代表としてU18のワールドカップで
4番を務め木製バットへの対応も問題なく
大活躍をしました。

その要因としてあげられるのは
上半身の使い方のうまさです。
非常に使い方が柔らかく
またバットがしっかりと内側から
出るのでインコースもうまく
さばくことができており
高打率と長打を残すことができていました。

気になる点は下半身です。
骨盤の前傾はある程度できていますが
やや甘いところもあり
インコースにプロ野球選手の
キレの良い直球を投げ込まれると
初めのうちは苦戦しそうです。

また同様に低めに対しても
上半身主導で動き出してしまうため
バットの出が早く
鋭いボール球の変化球に対して
バットが止まらない可能性があります。

さらにタイミングの取り方が
やや悪く高校生のボールであれば
持ち前のスイングの力から
対応することができていますが
プロの球となると多彩な変化球に
タイミングが合わず苦戦しそうです。

ただし高校生としては現段階で
過去の選手と比べても
高いレベルにあるので
近い将来主軸を打つ選手となることでしょう。

昨年のドラフト1位根尾選手との
3、4番が実現すると思うととても
楽しみですね。

続いて阪神に指名された
井上選手。

井上選手は履正社の4番打者として
今年の夏全国制覇を成し遂げました。
甲子園の決勝では星稜高校の
奥川投手から見事な逆転ホームランを
放っており勝負強さも兼ね備えた
期待の長距離砲です。

井上選手については以前も少し触れましたが
フォームとしては下半身の使い方や
骨盤の使い方にチェックポイントがあります。

プロのトップ選手と比べて
骨盤の前傾が不十分であり
インコースに苦戦しそうです。
腕の長さはあるのでおそらく
投手からすればアウトコースは
注意が必要ですが
インコースを厳しく攻めて
ファールを打たせて
アウトコースに逃げていく変化球を
投げていればおそらく抑えられて
しまうでしょう。

しかし長身で体格も良く動きも
良いので時間をかけてフォームを
磨き上げていくことができれば
十分に期待が持てる選手だと思います。

続いて広島2位指名の宇草選手です。
宇草選手は法政大学の1番バッターとして活躍する
俊足と長打力を兼ね備えた左バッターです。
日本代表としても一番バッターとして
好成績を残しました。

俊足でアベレージが残せるだけではなく
ホームランを打つ力を持っているのが
とても魅力的なバッターです。
それを可能にしているのは
細身ながらも体の芯の力が強いことと
左手のリストの返しがとても強いことです。

こうした足の速さや体の強さやリストの強さは
なかなか教えることは難しく
天性のものでもあるので広島が
高い順位で指名したことにも頷けます。

フォーム的に見るとすり足気味の
ステップからボールをギリギリまで引きつけて
打つことができるのが特徴的です。
(それを可能にしているのがリストの強さです)
ただ気になるのはフォームを始動する時に
一旦前足を後ろ足の方に引いてきて
そこから一気に踏み出していく点です。

宇草選手は下級生のうちは
タイミングなどに苦しみ
今のフォームに変えたことで成功をした
そうですが、
通常であればこの打ち方をすると
体が突っ込みやすくなり
また軸足の股関節に体重が乗っている時間が
短くなるためタイミングを取ることが
難しくなってしまいます。

プロ野球のトップレベルの選手を見ると
やはり打てる選手ほど軸足の股関節に
体重が乗っている時間が長く
ここでストレートや変化球への
タイミングを図っています。

また骨盤の前傾がやや甘く
タイミングが合わないときは一塁側に
体が倒れてしまうことも気になります。
しかしとてもボディバランスに優れているようで
倒れた体勢からも逆方向に器用にヒットを
打てていますがプロの左投手のスライダー
などで攻められた時に上手く対応できるかが
ポイントになりそうです。

フォームに特徴はありますが
独特なフォームのため周囲に批判されつつも
大活躍をする選手もたくさんいるので
是非とも独自のスタイルを貫いて欲しいと
思います。

次回は同じく法政大学の
福田選手についてです。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です