野球 中継ぎの役割とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は先発の役割や
特徴についてお伝えしていきました。

先発の役割としては
効率の良い幅広い作戦を使った
攻撃をするためにも
5〜6回を3点以内に抑えて
試合を作ることであり
そのために
・自滅をしない制球力
・相手に打たれづらいボール
(球速や変化球)
・5イニング以上を投げられるスタミナ
・フィールディングなど総合力
が必要です。

中継ぎの役割は幅広い

では中継ぎ投手に求められる
ものとは何でしょうか?

実はこの中継ぎとしての
役割はとても幅広いものです。

1,第2先発としての役割
少年野球から高校野球
またはそれ以上のカテゴリーに
おいても相当な戦力を集めることが
できるプロ野球のチーム以外
信頼のできる投手を
何人も用意することはできません。
そのため中継ぎ投手は
ワンポイントやショートイニングではなく
ロングリリーフをする必要があります。

これが俗にいう第2先発と呼ばれる
起用法です。
第2先発は先発投手と同じように
長い回を抑える必要があるため
先発投手と同等の能力が求められます。

また継投をするにあたって
相手にとっては先発と中継ぎのタイプが
違えば違うほど厄介に感じることでしょう。

もし先発投手も第2先発の投手も
信頼ができる場合
相手の打者や調子によって
先発と第2先発を入れ替えて
戦うのも良いでしょう。

例えば
相手の打線が左バッターが多ければ
左ピッチャーを先に使ったり
その日の状態の良い投手を先に使ったり
すると試合を有利に進めることが
できるでしょう。

2,流れを変える役割
継投は全てを計画通りに
行うことはできません。
先ほどの例のように
先発と第2先発を計画通りに
継投できれば問題ありませんが
先発投手や第2先発が
早いイニングで相手に
打ち込まれてしまった場合
継投せざるを得ない状況となります。

そうした時に求められるのが
流れを変える中継ぎです。

相手のペースとなった
試合を立て直すには
やはり守備からリズムを作ることが
必要です。
そうした役割を担う中継ぎ投手は
できるだけ先発投手と違うタイプであることが
望ましいでしょう。

何故ならば同じようなタイプであれば
簡単に相手に攻略されてしまう恐れが
あるからです。

そういった意味ではサイドスローや
アンダースローまたは変化球を
多く使う変則的なピッチャーなどは
向いているかもしれません。

もちろんある程度球速がなければ
慣れてくれば打たれてしまう可能性も
ありますが
こうした流れを変える中継ぎ投手の登板は
短いイニングで十分です。

1回もしくは2回を完全に抑え
もともと用意していた
第2先発の投手へつなぐことができれば
相手の流れを止めるには十分すぎる
働きと言えるでしょう。

もし球速やスタミナに
自信がないという選手は
こうした投手を目指すのも
良いかもしれません。
ただし大前提として
こうしたピッチャーは
コントロールが誰よりも
よくなければいけません。
変則で戦う以上
自滅は許されないので
肝に命じておきましょう。

3,ワンポイントリリーフとしての役割
最後にワンポイントリリーフです。
ワンポイントリリーフが生きる場面は
相手の中軸打者に対してです。
先発や今投げている投手が
前の回に完璧な当たりを打たれていたり
試合を通じてタイミングがあっている時

ピンチであれば勝負を避けたいところですが
塁が埋まっていればそうもいきません。
そうした時に目先を変えて
その打者を抑える為だけに
登板する投手がワンポイントリリーフです。

かなり厳しい条件でマウンドに
立つことになりますが
ここを抑えることができると
自分のチームのピンチを防ぎ
流れを持ってくることができるでしょう。

こうしたワンポイントリリーフで
よく使われるのが左の強打者対策です。
左の強打者は左の変則的な投手に
弱いことが多くプロ野球を見ても
宮西投手や嘉弥真投手が左打者に対して
優位に投球をしており何度もチームの
ピンチを救っています。

こうしたワンポイントリリーフの投手の
条件はやはりピンチをさらに広げないために
自滅をしない制球力(コントロール)
さらに左投手の場合はその特徴を最大限に
生かした左バッターの
アウトコースのスライダーを
磨くことができると有効でしょう。

アマチュア野球の場合
こうしたピッチャーはプロ野球のように
その為だけに用意しておくことは
難しいかもしれませんが
野手と兼任で育てることができると
何度も登板ができるので有効に使うことが
できるかもしれません。

もしあなたが左投げで野手としても
投手としても活躍をしたいのであれば
一つの選手の形として
野手として出場しながら
ワンポイントリリーフでマウンドに上がるというのも
良いかもしれません。

次回は抑えの投手の役割について
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です