甲子園に出るためには?



こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

いよいよ
本日より日本の夏の風物詩とも言える
夏の甲子園が始まります。

各地区を勝ち抜いてきた
強豪校同士が甲子園の舞台で
ぶつかり合う真剣勝負は
毎年数々のドラマを生んできました。

今年もどのような戦いが
繰り広げられるか
全国の高校野球ファンも
期待していると思います。

さてそんな中
現役の高校生や中学生の選手達の中には
「どうしても甲子園に出場したい」
と真剣に考えている人も多いことでしょう。

もちろん子供を見守る保護者の方にとっても
どうにかして子供に甲子園で活躍してほしい
と願っているとことでしょう。

ではどのようにすれば
甲子園に出れるのか
を考えてみましょう。

甲子園に出場する大前提

まず大前提として
甲子園に出場するには
地方大会を勝ち抜く必要があります。

春の甲子園の場合は
県大会で上位に進出し
関東大会や近畿大会といった
大会で好成績を納めることで
選抜に選ばれる可能性が高くなります。

もちろん優勝すれば文句なしに
選抜出場が決まりますが
どこかで負けてしまった場合でも
上位に進出していれば
選抜に選ばれる可能性はあります。

また21世紀枠での出場という方法もあります。
こちらは部員不足や環境的に活動が困難なチームや
ボランティア活動など野球以外のことにも
力をいれている野球部が選ばれますが
こちらも県大会などである程度好成績を
納めなければ推薦資格を得ることができません。

夏の甲子園の場合は
推薦制度はないので各都道府県の
トーナメントを勝ち抜き
優勝をする以外に方法がありません。

つまりどんな場合においても
チーム力が高くなければ
甲子園に出場することは
叶わないということです。

高校選びにおける2つの選択肢

強いチームであることが
甲子園に行くための大前提ですが
その甲子園を狙える強いチームには
2つの種類があります。

まず1つ目は
甲子園常連校を選ぶこと
そしてもう1つは
自分自身がチームを強くすること

1つ目の甲子園常連校は
自分がいる地区の近年の大会成績を
少し調べればどの高校がどれくらい
甲子園にいっているのかは
すぐに分かります。

その高校を選んで進学すれば
甲子園へ行く可能性は必然的に
高くなることでしょう。

しかしこれにはいくつかの問題があります。
まず、そうした高校の選手は
ほとんどがスポーツ推薦で
入学をしてきているということです。
学校によっては一般入試からの
入部を認めていないところもあるので
高校のスカウトの目に止まらなかったからといって
一般受験で入学しても入部すらできない
可能性があるので注意しましょう。

つまり本気で甲子園を目指すのであれば
高校生から頑張るのではなく
中学生の時から努力を重ねて
高校のスカウトの目に止まって
甲子園常連校にスカウトされる必要があるのです。

そしてもう一つの問題は
甲子園常連校に進学しても
レギュラーを取れるかわからない
ということです。

レベルの高い選手が集まる
チームゆえにチーム内競争は激しいもので
部員が多ければベンチに入ることさえ
難しいことでしょう。

そうした戦いに勝つ自信と
飛び込んでいく勇気がある選手のみが
戦っていけるのが甲子園常連の強豪校です。

この2つの条件を満たすことができれば
甲子園への道は大きく広がることでしょう。

さて次にもう一つの選択肢が
自分自身がチームを強くするというものです。

甲子園常連の高校から声がかからなくても
中堅校や毎年上位に進出している
チームにも甲子園出場の可能性は
十分にあります。

また選手によっては
自分が選んだ高校で
強豪校を倒して甲子園に行きたい
と考えている人もいると思います。

実際のところ甲子園常連校から
スカウトされるような選手は全国的にみても
限られているので多くの選手が
このパターンに当てはまると思います。

このような条件の場合
ある程度の運も必要ですが
その高校が近年甲子園に出場して
いなければそれには必ず原因があります。

ということは普通のことをやっていても
そのチームが甲子園にいける可能性は
ほとんどないといっていいでしょう。

そうしたチームが甲子園にいくために
はあなた自身がチームを強くする以外に
ありません。

もちろん監督やチームメイトも
大切ですが
本気で甲子園を目指すのであれば
自分自身が変わりチームも甲子園に
いくにふさわしいチームへと変えていく
必要があります。

具体的には
まず自分自身のレベルアップ
チームスポーツではありますが大会では
個人の活躍次第で結果を大きく変えることが
できるのが野球です。

例えばピッチャーであれば
完封してしまえば
負けることはありませんし
打者であればチャンスで自らが
ホームランを打つことができれば
劣勢を一気にひっくり返すこともできます。

そういった意味では
自身がレギュラーを取るためにも
個人のスキルアップは欠かせません。

しかしそれだけで勝てるほど
高校野球は甘くありません。

最も大切なことは
チーム自体を変えることです。

先ほども伝えた通り
甲子園に出れていないことには
何か理由があります。
今まで通り例年通りの取り組みでは
甲子園にいけないことは間違い無いでしょう。

ではチーム自体を変えていく必要が
あります。
これは本来チームの監督やスタッフが
行うことかもしれませんが

「やらされること」と「自らやること」では
取り組む姿勢に大きな差が生まれます。

本気でチームを変えたいのであれば
チームメイト同士で話し合いどうすれば
強くなれるのかを考えましょう。
そして考えた上での具体的な行動案が
あれば監督やスタッフに提案してみるのも
良いでしょう。

昔とは違いそうした
選手からの自主的な提案に対して
指導者も寛容になっていると思います。

むしろそうした取り組みに対して
肯定的な指導者も増えてきているので
思い切って提案をしてみると良いと思います。

例えば
・投手の球速アップのための練習
・打力アップのために
・走塁意識の改革
・筋力のアップ
・食事
・メンタル面の改善

こうしたことを専門家の
力を借りながら改善していくことが
できれば十分にチームを変えることが
できると思います。

高校のスカウトの目にかからなかった
という選手たちにとっては
強豪校の選手に対して
劣等感を持っているかもしれませんが
その評価はあくまで中学3年生の段階での
評価にすぎません。

そこから伸びる選手もいれば
成長が止まってしまう選手もたくさんいます。
逆に体が小さかったために中学生の頃は
スカウトの目にかからなかったが
高校で身長が伸びて一気に注目選手へと
成長する選手も多くいます。

2年半という限られた時間を
うまく使うことで評価や実力派いくらでも
逆転します。

そうした強い気持ちを持って
強豪校に挑み甲子園という目標を
叶えれ欲しいと思います。

まとめ

甲子園にいくためには
このように強豪校に進学し
チーム内競争に勝つという方法と
自分がいった高校でチームを変革させる
という方法があります。

それぞれに置かれた環境は
違いどちらが良いということも
言えませんが
大会がトーナメントで有る限り
一発勝負では何が起こるか分からないので
どのチームにもチャンスがあります。

そのチャンスを掴み取るだけの
自信をどれだけ練習でつけられるかが
勝負のカギとなるので
日々の練習を怠らないようにしていきましょう。

“甲子園に出るためには?” への2件の返信

  1. 先日、埼玉県の決勝を観に行きました。
    両チームのバッター共、体格は素晴らしく、打球も凄まじく速かったのですが、決定的に違ったのは選球眼でした。花咲徳栄の選手は絶対にボール玉には手を出さず、打つべきボールを確実にとらえていました。
    ということは、2年間全員が毎打席何を打つべきだったのかを徹底して振り替えるだけでも、チーム力は変わってくるのではないかと思いました。

    1. 毎打席何を考えて打席に立つかはとても重要ですね。
      今後球数制限がルールとして確立されてくると
      今よりもさらに選球眼は重要度をましてきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です