グラブを構えるのが早い!?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

少年野球に多いこととして
キャッチボールも含めてですが
守備をしている時に
グラブを構えるのが早すぎてしまう
選手がいます。

「構えるのが早い」と聞くと
準備が早くて良いと思うかもしれませんが
実際にはグラブを構えるのが早すぎることで
デメリットが多くなってしまいます。

例えば
バッターの打球を追っていくときに
グラブを早く構えすぎてしまうと
打球に追いつくスピードが遅くなり
追い付ける打球も追いつけなくなってしまいます。
これを防ぐためには
打球が飛んできたらまずグラブを
構えるのではなく
腕を振って走って打球を追いかけて
正面に入ることです。

当たり前ですが人間は腕を振った方が
速く走ることができます。
グラブを構えて走ってしまうと
足が遅くなってしまったり
足が止まってしまったりするので
注意しましょう。

キャッチボールをするときも
同じことが言えます。
キャッチボールは相手の胸に向かって
ボールを投げていきますが
必ず良いところにボールが飛んでいくとは
限りません。

ということはボールを受ける側は
常にボールがどこにきてもいいように
待ち構えていなければなりません。
そうしたときにボールを投げる前から
グラブを構えたままで待っていたら
どうでしょう?
暴投がきた時にとっさに対応できるでしょうか?

おそらく一瞬動きが遅くなってしまったり
そのままグローブを出したまま
ボールを追いかけてしまうため
足が止まってしまい
少しの冒頭でもカバーしきれない
ということが起こってしまうでしょう。

これを防ぐには
リリース前までは相手の投げるマトとして
グローブを構えていても
リリースの瞬間には一度グローブを下げて
どこにボールがきても動き出せる
体勢を作ることです。
そして暴投であればすぐにボールの正面に
足を運びその後グローブを出して
捕球をするようにしましょう。

ボールは基本的には
グローブで掴むものですが
守備の良い選手ほど
ボールは足で捕るものと語ります。

その理由は
足を使うことで自分が最も
捕りやすいバウンドや体勢で
ボールの捕球体勢を作ることが
ミスを減らすことに繋がるからです。

その足を邪魔してしまうのが
このグラブを早く構えすぎてしまう
という行為です。

ギリギリにグラブを出しすぎるのも
問題ですが
まずは足を自由に動かし
早く打球に追いつくためにも
キャッチボールなどから
どれだけギリギリでグラブを出して
捕ることができるかを試してみるのも
面白いかもしれませんね。

PS
グラブを出して打球を
追う癖をなくすためにおすすめの練習です。
次のボールを捕球するときに
少しでもいいので腕を振って追いかけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です