ピッチャー回転数と回転軸


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

最近では投手の投げるボールを数字で
表す方法は球速だけではなく
「回転数」という言葉がよく聞かれるように
なってきました。

この回転数とは
投手が投げたボールが
1分間あたりどれくらい回転するか
ということを表しています。

単純に言えばこの回転数が
多ければ多いほど
ボールに揚力が働くため
落ちづらく「ノビ」のあるボール
ということになります。

この回転数はプロ野球の投手の
平均で2200回転ほどと言われています。
さらにキレが良いと言われたり
ストレートで空振りをたくさん取れるような
選手は2400~2700回転くらいかそれ以上の
ボールを投げているそうです。

面白いことにこの回転数は
球速とは相関性が完璧にはないということです。

もちろん全体的に見れば
ボールが速い投手の方が
回転数も多いのですが

例えば日本人最速の165kmを投げた
大谷選手のストレートの回転数は
2200回転と言われておりNPBの
平均と大差がないのです。

対して先日引退をした
上原選手は2400回転
さらに阪神の藤川選手も全盛期は
2700回転と球速は大谷選手には
劣るものの回転数では大きく上回っている
という選手は数多くいるのです。

大谷選手は空振りを取ることが
少ないと言われていますが
上原選手も藤川選手も
真っ直ぐで空振りを取っている
イメージが強いと思います。

つまりストレートの場合
球速よりも回転数が
多い方が空振りを取りやすい
と考えることができそうです。

またさらに深い話をすると
回転数だけではなく
「回転軸」という考え方も
良いストレートを投げる上では
重要になってきます。

回転軸とは
ボールの回転の軸どのような角度で
回転しているかということで
水平面に対しての角度で表されます。

水平面に対して垂直に
バックスピンをしていると
重力に対してまっすぐ揚力が
働くため落ちづらいストレートとなりますが

逆に回転軸が垂直から傾いてしまうと
シュート回転もしくは反対方向に傾けば
スライダー回転になってしまうので
ピッチャーにとってはあまり良いと
されてはいません。

そのためせっかく球速も早く
回転数も良いのに
回転軸がシュート気味だと
思ったより球が伸びずに
バットに当てられてしまう可能が
出てくるのです。

ですがほとんどの場合
右ピッチャーの場合は右に
左ピッチャーの場合は左に
回転軸は傾いているものです。
その傾きを極力少なくすることが
できれば落ちづらい伸びのある
ストレートを投げることに繋がっていきます。

そのポイントとして考えたいことは
リリース時の手首の角度です。

画像左のように手首の向きが傾いて
しまうと回転軸の傾きもずれてしまう可能が
高いですが右のように手首の向きが
水平面に対して垂直になっていると
回転軸もずれが出づらくなっていきます。

もちろん
それぞれのピッチャーに
特徴があるので一概に
回転軸や回転数がよければ
いいということはありません。
上の画像もどちらがいいというわけでは
ありません。

また無理に回転軸を腕や手首だけで
コントロールしようとしてしまったり
無理やり垂直に腕を出そうとしてしまうと
フォーム全体のバランスが崩れてしまったり
下半身との連動がうまくいかなくなってしまったり
する可能性があるので危険です。

大切なことはあくまでも数字として
自分のボールを知っておき
改善のためのヒントとすることだと
思います。

ストレートで空振りが取れない
という選手は
回転数が足りないのかもしれない
→回転数を上げるためには?

回転軸がずれて
シュート回転しているかもしれない
→シュート回転を直すには?

回転数が少ないから
ゴロを打たせるピッチングを
してみよう

というように考えて練習してみると
良いかもしれません。

ラプソードを使って
あなたのボールの回転数や回転軸を
調べてみませんか↓

“ピッチャー回転数と回転軸” への3件の返信

  1. おはようございます、記事楽しく拝見させて頂きました。
    回転数と回転軸は今後 投手受難の時代には投手の生命線になるテーマですね。
    一般に回転数と回転軸は地道なトレーニングと投手本人の素質と言われている様ですが
    ブログ主様も同じ考えなのでしょうか?
    当方 その件では色々勉強を一応しておりますので 色々なメディアや研究されてる方に色々聞いてますが コレと言った答えをお持ちの方がおられない様なので
    今年スピンレート革命と言った本を出された方の本も拝読しましたが 本の題名は革命ですが内容は全然革命ではありませんでした(笑)
    野球のスクールで研究されてるとの事なので 教えて貰える事ございましたらご教授お願い致します。

    1. 高浦様
      コメントいただきありがとうございます!
      回転数と回転軸の問題はおっしゃる通り
      今後の投手の生命線になってくると思います。

      ブログ内でも書かせていただきましたが
      回転数を多くしたり回転軸を改善させる
      ことに現段階では明確な答えが出ておりません。
      その理由としてはやはり投手個人の
      投げ方の特徴や感覚の違いによって
      トレーニング方法が変わってきてしまう
      可能性があるからです。

      また回転数が良くなったから抑えられるようになる
      というわけでも回転軸が垂直に近くなったから抑えられる
      というわけでもありません。
      実際にプロ野球選手の数字を見ても
      回転数が多いピッチャーが良いピッチャーとは
      限りません。

      ただまずは数値を計測することで
      自分の球質を知り
      「もっとこうしてみたら良いかもしれない」
      「こんな感覚で投げてみたら空振りが取れるかも」
      ということを数字を見ながら追求することができます。
      こうした感覚と実際の数字のすり合わせが
      できるようになったことは魅力的だと私は
      考えております。

      もちろん今後科学が発展していけば
      革命的なトレーニングや練習法などが
      見つかるかもしれませんし
      今の常識がまるっきり覆ってしまうことも
      あると思います。

      そういった意味では
      お恥ずかしい話ですが
      私もこれといった答えは持っておりません。

      反対に高浦様のご意見やお考えなど
      聞かせていただけるのであれば
      ぜひ今後の選手指導の参考に
      させていただきたいと思います。

      この度はお返事が遅くなり誠に
      申し訳ございません。

      1. おはようございます。返信ありがとうございます。
        この手の質問をして返信が来る事はほぼ無いので 返信が来て驚いています。またお返事が遅くなってすみません。10月26日に気づきました。m(__)m
        丁寧なお返事ありがとうございます。
        実は回転数と回転軸を改善するトレーニングは私は解っています。
        万人に100%の確率で可能かは別にして教えて高校生には出来ています。
        スピンレート革命には期待してたんですが あれは唯の ラプソードの宣伝ですね(笑)
        私の開発したトレーニングでは一応300回転ほどアップしております。
        今後は普及させて行くかは検討中ですが もし広まれば野球界ではスタンダードなトレーニングになるかと思います。
        プログ主様から丁寧なお返事
        本当に感謝です またお返事戴けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です