不安定を利用する?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

安定という言葉と
不安定という言葉
あなたはどちらが良い言葉に
感じますか?

おそらく
ほとんどの方が
安定を良い意味だと
捉えていることでしょう。
しかし、野球の体の使い方においては
不安定な状態を作り出し
それをコントロールすることが
もっとも効率の良い体の
使い方ではないかと私は考えています。

例を出して考えてみましょう。
例えば投球動作において
安定した状態とはどういう状態でしょう。

一般的に考えれば
それはセットポジションなどで
両足が地面についた状態を安定と
呼ぶでしょう。

しかし、投球動作を起こすためには
ずっと安定しているわけにはいきません。
片足をあげて体の重心を投球方向へ
傾けていくと片足をあげたことで
不安定な状態になるため
体が投球方向へと傾いていきます。
この不安定な状態から倒れていく
力を利用することで効率よく
体を使うことができ速いボールを
投げることができるようになります。

逆に安定しきってしまった状態では
体重移動の力を
スムーズに使うことができず
上半身の力だけの投球となってしまうことでしょう。

もちろん不安定の状態をうまく
コントロールすることができなければ
そのまま倒れてしまうので
ボールを投げることが
できません。

つまり
効率よく体を使い
良いボールを投げるためには
不安定な状態をあえて作り出し
その上でその不安定さを
コントロールし利用することが
重要ということです。

バッティングにおいても
同じようなことが言えます。
ピッチャーのモーションに
合わせて足をあげ不安定な状態を
作り出すことで
体重移動を行なっていき
その力をバットからボールへと
伝えていきます。

ノーステップで打つ選手も
目にはわかりづらいですが
一時的に不安定な状態を作り出し
体重移動を行なってバッティングを
行なっています。

もちろん守備や走塁における
走るという動作も
片足になる瞬間があり
体を傾けてその力を使って
前へ進んでいるので
同じようなことが言えるでしょう。

ではこの不安定さをコントロールするものは
一体なんなのでしょうか?

それは足首や足の裏、または足の
指にかかっているのではないかと
私は考えています。

例えば
足首を曲げる動作(背屈)
を行うと体は前に倒れるような
形になり逆に足首を伸ばす動作(底屈)
を行うと体の重心が後ろに行き
後ろに倒れるような形になります。

また片足立ちをして
バランスを取ろうとする時
踏ん張ってバランスを取るときに
指の力をとても使います。
このとき足の裏が硬かったり
使えなかったりすると
すぐにバランスを崩してしまい
もう片方の足を地面につけて
しまうでしょう。

人間は大きな力を発揮しようとするとき
地面からしか力を引き出すことは
できません。
その接点である足部の
重要性を再認識し
パフォーマンスに活かしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です