高校野球夏のシード権は有利?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

選抜高校野球は
東邦高校の優勝で終わり
各地で春季大会が繰り広げられています。

春季大会は甲子園に直接
繋がる大会ではありませんが
多くの地区ではこの春の成績が
夏のシード権を決める判断材料に
なります。

大阪大会ではシードがなく
全て抽選で決まるため
過去には一回戦から
大阪桐蔭対履正社
という好カードが実現したことも
ありました。

シード権を得ることで
メリットはいくつかあります。
まずは初戦で強いチームと
当たる確率が低いということです。

シード権を得るチームは
春の大会で良い成績を残したチーム
ばかりのため
トーナメントの四隅やその間に
ブロックが振り分けられます。
つまり順当にシード校が勝ち上がれば
準々決勝や準決勝までシード校同士の
対戦はないのです。

これにより
シード校は大切な初戦や二回戦を
危なげなく突破することができるのです。

次のメリットは
単純に試合数が少ない
ということです。

シード校でない場合
甲子園に出るには
最大7〜8試合勝つ必要があります。
しかしシード校であれば
3回戦から登場するので
他のチームよりも1試合から2試合
試合が少なくて済むのです。

夏の予選は7月と猛暑の中
行われます。
そのため選手の疲労による消耗は
激しく特に投手は肩や肘の消耗も
大きいため試合が多ければ多いほど
不利であることは間違い無いでしょう。

しかしシード校で無いからといって
必ずしも不利であるとは限りません。

シード権が無いチームは
3回戦あたりでシード校と
戦うこととなるでしょう。
ですが公式戦の1試合というのは
選手を大きく成長させてくれます。

夏が始まった時点では
シード校に実力で劣っていたとしても
初戦、二回戦と順調に勝ち上がる中で
成長していきまた勢いもついてくると
どうでしょうか?

シード校と対戦するときには
相手が初戦の緊張感があるなか
優位に試合を運ぶことが
できるのでは無いでしょうか?

また春勝ち上がることで
シード校はある程度警戒を
されて夏を迎える状態となります。

春に試合数を重ねることで
偵察が禁止されている地方が
あるとはいえ少なからずデータは
取られてしまうでしょう。

こうしたことから
考えると一発勝負の
トーナメントでさらに番狂わせが
起こりやすい野球というスポーツにおいて
シード権は必ずしも有利に働くとは
限りません。

もしこの春
シード権を取れなかった
というチームも焦ることは
ありません。

これからの3ヶ月を大切に
過ごし虎視眈々と
シード校を倒す準備をしておきましょう。

PS
シード校を獲得したというチームも
もちろん実力を出し切れれば
有利であることは間違いありません。
それを自信にしつつも
決して慢心することなく今以上の
力をつけて夏に臨んでいただきたいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です