イチロー選手が教えてくれたこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日野球界の偉大なスーパースターである
イチロー選手が引退を決断しました。

イチロー選手の活躍や
これまでの記録はあなたも
よくご存知かと思いますが
改めてイチロー選手が私たちに
何を伝えてくれたのか
何を教えてくれたのかを
考えてみましょう。

1,準備を怠らないこと

イチロー選手といえば
徹底した自己管理と
試合に臨むまでの
準備/ルーティーンが有名です。

レギュラーであっても
立場が変わり控えに回っても

万全の準備を
常に整え続けた上で
試合に臨んだからこそ
この結果がついてきたのでしょう。

特に昨シーズンの初めに
一旦試合に出なくなってから
今年の開幕までの間も
準備を怠らなかったというのが
とても印象的です。

2,継続することの難しさと大切さ

28年間という長い現役生活の間
年齢を重ねてもほとんど体型を
変えることなく維持し続けた
というのには本当に驚きです。

28年間行われてきた
日々のトレーニング

おそらく28年間やってきた
本人にしかその難しさは分からないでしょう。
しかしイチロー選手が残してきた記録を
振り返れば継続することの大切さは
伝わったと思います。

3,努力を努力と思わせないこと

そんな準備を継続し続けた
イチロー選手ですが
はたから見れば物凄い努力を
していると感じることでしょう。
実際に私もそう思います。

しかし、イチロー選手からすれば
練習することを努力と感じている状態は
あまり良い状態とは言えないとのこと

努力を努力と思わないということは
食事や睡眠など生活の一部として
練習を捉えていたということでしょう。

4,変化を恐れないこと

準備やトレーニングを継続していた
一方でバッティングフォームは
毎年のように変わっていきました。
時にはシーズン中であっても
大きくバッティングフォームが
変わることもありました。

日本球界で7年連続の首位打者や
海を渡ってからもメジャーで
数々のタイトルを獲得していながらも
常に上を目指して恐れずに変化を続けたことが
長く活躍した秘訣かも知れません。

5,日本の野球が世界で通用すること

イチロー選手は日本人で
初めて野手としてメジャーリーグに
挑戦をしました。
その当時MLBとNPBの差は
冗談ではなく本当に
子供と大人ほどあると言われていました。

日本で飛び抜けた実績がある
イチロー選手といえど
メジャーリーグからは懐疑的な
目を向けられていました。
また海外からだけではなく
日本国内からも活躍を不安視
する声が多かったと思います。

しかし、イチロー選手は
移籍1年目で完璧な回答を記してくれました。
首位打者
新人王
MVP
盗塁王
ゴールデングラブ賞
この活躍で日本の野球が世界でも
十分に通用することが証明され
この後数々の日本人野手が
メジャーリーグに挑戦していくきっかけ
となりました。

もし、イチロー選手がMLBで活躍できて
いなければもしかしたら大谷選手は
今も日本でプレーしていたかも知れません。

6,野球の神様

イチロー選手の活躍として
深く記憶に残っていることとして
WBCでの活躍は欠かせません。

第1回大会では
圧倒的なリーダーシップと
成績を残し文字通り
日本を初代王者に導いてくれました。
アメリカ戦での先頭打者ホームランは
まさにイチロー選手のリーダーシップを
象徴したものでした。

一方前回王者として挑んだ
第2回大会では極度の打撃不振に
陥りました。

日本中の期待がプレッシャーとなり
イチロー選手にのしかかりました。

しかしチームが勝ち上がるにつれて
徐々に復調の兆しをみせ
最後は韓国との決勝戦で
あの伝説的な決勝タイムリーヒットが
生まれました。

ここまで度重なるチャンスに
凡退してきたイチロー選手が
ここ一番で最高の仕事をするという
シナリオを誰が思い浮かべたでしょうか?
あの場面は野球というスポーツに真摯に取り組んできた
イチロー選手に野球の神様が微笑んだ瞬間でした。

イチロー選手の行動や姿勢は
本人が多くを語らずともこれからの
野球選手に大きな影響を与えてくれました。

1,準備を怠らないこと
2,継続することの難しさと大切さ
3,努力を努力と思わせないこと
4,変化を恐れないこと
5,日本の野球が世界で通用すること
6,野球の神様

あなたもイチロー選手を
お手本に後世へ語り継がれる
選手を目指しましょう。

選手として第一線を退いたイチロー選手の
今後のキャリアにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です