走塁意識〜3塁ランナー編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は3塁ランナーにおける
走塁意識についてお伝えしてきます。

3塁ランナーがいる時
考えられることは
・スクイズ
・セーフティースクイズ
・タッチアップ
・暴投orパスボール
・ゴロの判断
・ライナーバック
などがあります。

スクイズやセーフティースクイズは
チームによって決まりがあると思いますが
基本的にはバッテリーに気がつかれないように
なるべく遅いスタートが求められます。
早くスタートを切りすぎて
バッテリーに気づかれてしまうと
スクイズできない場所に外されてしまい
挟まれてしまうので気をつけましょう。

3塁ランナーは無理に大きなリードを
取る必要はありませんが
それでも最低限の第二リードを取ることが
必要です。

その少しのリードの差で
ゴロの場合や暴投・パスボールの時の
クロスプレーが決まってしまう
可能性があるので
自分がどこまで第二リードを取れるのかを
練習の中で確かめておきましょう。

そして何よりも大事なのが
打球判断です。
打球判断をする上で
まず確かめておきたいところは
相手の守備体系です。
特に内野手が前進守備なのか
深く守っているのかを見ておきます。

前進守備をしている場合は
ゴロが飛んだ瞬間にバックをし
打球が抜けた場合のを確認したら
スタートを切りましょう。

二遊間がダブルプレー態勢
一,三塁が前進守備の場合は
二遊間に打球が飛んだ時のみ
スタートを切りましょう。

注意をしなければいけないことは
センターラインに打球が飛んだ時です。
ピッチャーの打球は
バックをしなければいけませんが
ピッチャーが捕球できなければ
セカンドゴロやショートゴロになります。

その為センターラインに打球が
飛んだ時は反射的に
飛び出してしまわずに
ピッチャーが捕れるのか
捕れないのかを確認してから
スタートを切るのか
バックをするのかを判断しましょう。

その他ライナーの時は
必ずバックをすることは
特に意識をしましょう。
3塁にいる時はホームに
行きたいという気持ちが強くなり
飛び出してしまいがちなので
注意が必要です。

またフライの時は
まずは一歩目はバックすることを
心がけましょう。
その上でタッチアップをするのか
打球が浅ければハーフウェイに
切り替えるのかを判断しましょう。

3塁にランナーがいる時には
守備側には様々なプレッシャーがかかります。
だからこそ無理な走塁をして
アウトになることは一番相手を
助けることに繋がってしまうので
リスクを最小限に押さえた上での
走塁を意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です