体の順応作用とは?〜配球の考え〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

人間の体の秘密は
現代の科学の力を持ってしても
その全ては解明されてはいません。

しかしながら
日々進歩を遂げており
様々なことが
分かってきています。

そうした科学的根拠を元に
野球選手はトレーニングなどを
行なっていますが
その一つに順応という言葉があります。

順応という言葉は
簡単にいうと新しい動作などに
体が慣れてきて対応してくる
という意味です。

筋力トレーニングを
例にして考えてみましょう。

筋力トレーニングを
行うことにによって
ベンチプレスやスクワットなどで
徐々に重い負荷を
あげられるようになっていきます。

この時に筋肉がついた
と思うかもしれませんが
筋力トレーニング初期において
現れるこうした成長は実は
筋肉がついたのではなく
動作を繰り返したことにより
神経系、骨格系、筋系の
連携が強まったことで
運動効率が増し結果的に
重いものがあげられるようになる
という原理があるのです。
これを神経系の順応効果
と言います。

つまり
人間は繰り返し動作を
行えばそれに対応しようとして
徐々に反応がよくなってくるように
できているのです。
(ただしその動作が正しいものかどうかは
別問題ですが)

これを元に野球の打者と投手
そして配球を考えていきましょう。

このような経験はありませんか?
同じ球種を投げていると
最初は前に飛ばすことができずに
ファールになってしまっていたが
粘られているうちに徐々にタイミングが
あってきて最終的にヒットを打たれてしまった。

これはまさに体が動作を繰り返した
ことにより順応が起き反応が良くなってきた
ことが原因と考えられるでしょう。

またどんなに良い投手でも
打線の一巡目よりも二巡目三巡目の方が
抑えるのが難しくなってきます。

これも一度打席に立つことにより
体が投手に順応していき
打ちやすくなってくることが
原因と考えられるでしょう。

こうした時
簡単に打たせないようにするには
この順応を逆手に取る必要があります。
例えばストレートの反応がよくなってきた
相手に対しては遅い変化球を
ボールでもいいので続けて投げさせる
そうすると否が応でも打者の体は
遅いために順応するように傾いてしまいます。

その結果ストレートを投げると
遅い球に順応したことで
対応が遅れ空振りを取ることができるかも
しれません。

こうしたことを考えると
投手の配球はとても
面白くなってきます。

一試合丸ごと
抑えようとするのであれば
そうしたことを考えながら
一巡目、二巡目、三巡目と
的を絞らせないような種まきや
観察力が求められてくるでしょう。

また指揮する側の作戦とすれば
相手が全ての球種に順応してきた
あたりで投手を変えるのも有効となるでしょう。

さらにバッター目線からすると
やはり空振りでもいいので
早いカウントからスイングをしていくことが
重要になってきます。

それにより
見逃すよりもはるかに体が
ボールに順応していくので
追い込まれてからでも
対応をすることができるように
なってくるでしょう。

こうした体の
作用を知っていると
また色々なことが
見えてくるはずです。

ぜひあなたも
体の順応をうまく利用して
活躍をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です