ヒントはプロの〇〇と〇〇の差にある


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

成長をするために
必要なことは様々あります。

それは精神的にも
体力的にも技術的にも
色々とみるところがありますが
一番外から見てわかりやすいのは
選手のフォームです。

プロ野球選手も同様に
日々それぞれの考えの中
フォームを修正しています。

フォームの修正には
必ずその後に良くも悪くも
結果があります。

フォームを変えたことで
結果が出てくる選手も入れば
今までよりも悪くなってしまう選手も
いることでしょう。

個人レベルでは
最初から正解を見つけることは
難しく試行錯誤を繰り返しながら
フォームを修正していくしか方法は
ないでしょう。

しかしながら
ヒントはいくらでも見つけることが
できます。

それがプロ野球選手の
フォームです。

今の時代少し探せば
いくらでもトップレベルの選手の
フォームをみることができる時代です。

そんなプロ野球選手の
フォームの中でも特に
注意をしてみていただきたいものが
あります。

それは
今活躍している選手の
beforeとafterです。

プロ野球の世界に
入る選手はそれまでに
たくさんの成功を納めてきています。

ですがプロに入れば
周りの選手も
トップレベルのため
そう簡単に結果を出すことは
難しいでしょう。

その結果
埋もれていく選手も
多いのですが
今現在試合に出ている
選手たちはそうした競争を
勝ち抜いてきた選手たちです。

そうした選手の中には
稀にルーキーイヤーから
活躍しているという選手も
いますが多くの選手は
1〜5年をかけてスター選手へと
のし上がっていきます。

こうしたプロに入ってからの
成長には私たちにとっても
大きなヒントが隠されています。

おそらく
プロに入ったばかりの
フォームと現在活躍している
フォームは似ているようであっても
よくみてみると全く別物となっていることでしょう。

そうした差を見つけることが
あなた自身を成長させる
大きなヒントとなります。

下の画像をみてみましょう。

こちらはヤクルトの
山田哲人選手の打撃フォームですが
片方はルーキーイヤーの画像で
もう片方は初めてトリプルスリーを
獲得した時の画像です。

あなたにはどちらが
トリプルスリーをとった時のフォームか
わかるでしょうか?

またフォームのどこがどのように
変化しているのか説明できるでしょうか?

あえてこれについて解説は
しませんが自分自身で
色々と考えてみると
面白いかもしれません。

その考えを元に
自身のフォームを
修正していくとその
考えが間違っているのか
正しいのかを知ることもできるでしょう。

ぜひあなたも
プロ野球選手の
beforeとafterを
参考に自身のフォームを
修正して理想のフォームを
目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です