ワンランク上の守備〜バッティングフォームから推測できること〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

守備をしていく中で
大事な要素の一つとして
あげられるのが守備範囲の広さです。

この広さは単純に
足が速いから広いということも
ありますがそれ以上に大切なことが
ポジショニングです。

なぜならばいくら足が速く
守備範囲が広くても
速い打球では追いつくことは
できませんが
どんなに足が遅くても
打球がくる近くにポジショニングを
していれば捕球をできる可能性が
あるからです。

ではそのポジショニングは
どのように行うべきでしょうか?

プロ野球のように
毎日のように試合があれば
その打席結果のデータから
打球方向を推測することができます。

ピッチャーの左右の違いによる
打球方向の違いコースごと
球種ごとの打球方向を知ることが
できればある程度極端な
シフトを敷くことも可能でしょう。

しかしアマチュアの場合
トーナメント制の大会では
一発勝負がほとんどのため
全てのデータを十分に取ることは
不可能に等しいことでしょう。

そうした時に参考にして欲しいのは
バッターのフォームです。

バッターのフォームは
十人十色でありそれぞれ
独自のフォームを持っているものです。
しかし、ある程度分類分けをしていくと
それぞれ傾向が見えてきます。

そうした傾向をよく観察していくと
「このバッターはこの方向に
打球が飛びそうだ」
「タイミングが取れていないから逆方向に
打球がきそうだ」
ということがわかってくるようになります。

もちろん全ての打球方向を
当てることはできませんが
そうした傾向を観察する力は
磨けば磨くほど精度が増していきます。

また、バッテリー目線からしても
フォームから苦手なコースや
球種を推測することができるように
なっていきます。

そうした意図を持って配球が
できるようになると
守備はとても簡単になります。

なぜならば
打ちづらそうなコースに
ボールを配球し
飛んできそうなところに
ポジショニングをとっていれば
いいからです。

簡単に書きましたが
これを実践するとなると
バッテリーのコミュニケーション
だけではなくフィールドで守る
全ての野手とのコミュニケーションを
とり呼吸を合わせる必要があります。

そうしなければ
バッテリーの意図と
全く違う位置にポジションニングを
してしまい凡打をヒットに
してしまうことがあるからです。

野球とは確率のスポーツです。
全てを予言することは
不可能ですが
予測を立てることはできます。
その予測の精度をあげていく
一つのポイントとして
これからはバッターのフォームに
注目してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です