「できない」を楽しむ?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を始めたばかりの頃は誰しも
・バッティング
・守備
・走塁
・ピッチング
それぞれにおいて
できないことばかりであるため
少しずつ練習をしていくだけでも
下手になることはなく
どんどん上達をしていきます。

その上達が楽しくて
野球を続けていくという人も
多いでしょう。

しかし、ある程度初心者から
レベルが上がっていくと
少し練習したくらいでは
上達をしなくなってしまいます。

または上達をしているのに
上達のスピードが遅くなるため
本人がそれを感じられない
といった状態になることがあります。

さらにレベルが高くなった
高校生や大学生などは
練習をしているのに逆に下手になったり
今まで出来ていたことが
気づいたらできなくなっていたりする
といったことも起こってしまいます。

このような状態になってしまうと
野球が嫌になり練習をすること自体が
辛く感じてしまうでしょう。

やはり誰しも辛い練習をすることで
上手くなるから野球が楽しく感じられ
だからこそ野球を続けていけるのです。

ですが
このような「伸び悩み」は
どのようなスポーツをやっていても
訪れるものです。

この伸び悩みの状態を
脱却しさらなるレベルへ
いくにはどうしたら良いのでしょうか?

もちろん正解はありませんが
私が考える伸び悩み期の
過ごし方は
「できないことを楽しむ」
という考え方です。

誰しもできないことはあります。
そしてできないことがあると
できるようになりたいと
心から思うはずです。
それがあなたが一生懸命取り組んでいる
ことであればなおさらです。

ではできるようになるには
どうすれば良いのでしょうか?
バッティングであれば
下半身強化
タイミングの修正
バット起動
フォームの改良

ピッチングであれば
リリースポイント
柔軟性
フォーム
下半身強化

このようにチェックすべきポイントは
いくらでもあります。
これら全てを見直し
できるようになる為の
プランを考えてみませんか?

プロ野球選手を参考にしてみたり
信頼できるコーチに指導を仰いだり
練習の方法を変えてみるなど
自らプランを考えていきましょう。

そうしたプランを実行する中での
試行錯誤は案外楽しいものです。

そうしてプラン通りに
自分の思い描いたプレーが
できるようになった時
あなたはさらに野球に
のめり込んでいくことでしょう。

大事なことは
「できない」にチャレンジすることに
楽しさを見出すことで
それ自体も野球の一部だと
楽しむことです。

もちろん
一つのことができるようになれば
また新たな「できないこと」に
出会うはずです。
野球を続ける以上
ここからは逃れることはできません。

しかし、常に探求心を持ち続け
挑戦を楽しむことができるのであれば
限りなく高いレベルまで
到達することができるでしょう。

もし今伸び悩んでいると
感じているあなた
この瞬間を成長するチャンスだと
捉えて「できる」ようになる
為の過程を楽しんでみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です