小宮山悟氏講演会


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日、元プロ野球選手であり
野球評論家の小宮山悟さんのお話を
直接聴かせて頂く機会がありました。

小宮山さんは
早稲田大学から
ロッテに入団し活躍され
メジャーリーグにも挑戦
再びロッテに戻ってくると
元メジャーリーガーとして
様々な役割をこなし
2005年にはロッテの日本一にも
貢献されました。

選手としての特徴は
多彩な変化球と
精密機械とも呼ばれる
コントロールにあります。

引退後はその豊富な知識を
活かして野球解説者としても
ご活躍されています。

ご存知の方も多いかと
思いますが
小宮山さんは2019年1月からは
母校である早稲田大学で
監督として指揮を取られることと
なりました。

そんな小宮山さんの
お話を間近で聞いて感じたことは
まず話を聴くだけで引き込まれてしまう
その巧みな話術でした。

もちろん
話している内容も
興味深いことが多く
これからの野球界について
どのようなお考えを持っているのかを
語っていただきましたが
やはり今まで直接お会いした
プロ野球選手の中でも
群を抜いて話が上手く
そして聞いているだけで
緊張感すら感じるほどの圧力がありました。

そんな小宮山さんが
これから早稲田大学野球部の
監督に就任され
どのようなことを選手に伝え
どのような取り組みをしていくのかが
とても楽しみです。

また今回は学生野球の指導をされる
ということで
小宮山さんの学生野球に対する
考えや熱い想いに少し
触れることができました。

そこで印象に残ったお話として
このような話がありました。
要約すると
「イマドキの選手だ」と指導者が
選手をみてしまったり
「古い考えだな」と選手が指導者に
感じてしまったりすることも当然ある
しかし、
お互いにどこかでは
認め合わなければいけない

という内容でした。

このお話を聞いて
昨今世間を賑わせている
日本のスポーツ界の問題を
連想しました。

暴力問題であったり
パワハラであったりが
起きてしまう背景には
こうした指導者と選手との間の
微妙な関係性の問題があるように
思います。

大切なことは
指導者が押し付けにならずに
選手も自分の主張だけにならないような
信頼関係が必要となるのでしょう。
(これはあくまで
個人の見解なので小宮山さんの
考えではありません。)

そのほかにも
現役時代の裏話など
大変興味深いお話を聴かせて
いただきましたが
お話全体を聞いて感じたことは
これから早稲田大学が
強くなるかどうかは
別としては選手たちは間違いなく
プレイヤーとしても
人間としても成長するということです。

法政大学のOBとしては
複雑な気持ちですが
これからの小宮山さんの
活躍が楽しみです。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です