ピッチャーの総合力は何で決まるのか?


こんにちは
BASEBAL FUTUREです。
(ベースボールフューチャー)

ピッチャーの評価を語るとき
よく使われる言葉に
「ピッチャーとしての総合力」という
フレーズがあります。

この総合力とは一体
どのようなことを指すのでしょうか?
また総合力がないとどうなってしまうのでしょうか?

今回はこうしたピッチャーの総合力について
お伝えをしていきます。

まず最初に考えていきたいことは
総合力が何かということです。
この総合力に当たる
正式な定義は実のところ何も
ありませんが
当てはまりそうなものを
考えていくと以下の項目が
上げられそうです。

・球速
・コントロール
・変化球
・スタミナ
・フィールディング
・牽制
・クイック
・状況判断
・配球
・修正力

前半に上げた4つの項目
球速、コントロール、変化球、スタミナは
一般的にも意識がしやすく
分かりやすいものだと思います。

そのため多くの選手が
この4つを高めようと練習をし
また見る側としても
この4つの項目を重視して
ピッチャーとしてのざっくりとした
評価を下すでしょう。

しかしながらこうした
項目はあくまでも
ピッチャーとしての表面上の
能力に過ぎないのです。
もちろんこの4つが優れていなければ
良いピッチャーには
慣れないのですが
いくらこの4つが優れていたとしても
試合に勝てるピッチャーとは
限らないのです。

そこで大切なのが
ピッチャーとしての
総合力という考え方なのです。

例えば
いくら良いボールを
長いイニング投げられたとしても
フィールディングに難があれば
そこを相手に集中的に攻められたり
クイックができなければ
簡単に盗塁を許してしまったりするため
打ち込まれていないにも関わらず
失点がかさんでしまい
気づけば試合に負けるピッチャーに
なってしまうのです。

こうしたスキをなくすことが
負けないピッチャーになるためには
とても必要なのです。

つまりピッチャーとしての総合力とは
負けないピッチャーと言い換えることが
できると思います。

こうした総合力の高いピッチャーであれば
仮に本来のピッチングの調子が悪い時でも
牽制でカバーしたり
フィールディングで自分を助けたり
また時には瞬時の状況判断で
最小失点でピンチを防ぐことができたりします。

またそもそものピッチング能力
球速や変化球に現在のところ
自信がなかったとしても
ピッチャーとしての総合力である
フィールディングや牽制
クイックや配球を磨くことで
打たれたとしてもそこまで
大量失点はせずにすみ
結果的にチームを勝利に導く
ピッチャーとなることができるでしょう。

こうした総合力は
中学→高校→大学とレベルが
上がっていくにつれ
重要度が高まっていきます。

想像してみれば
わかるかと思いますが
どんなに良いボールを投げれても
バント処理ができないピッチャーを
負けられない一発勝負の
トーナメントで登板させることが
できるでしょうか?

おそらく答えはNOでしょう。

チームからも信頼され
勝利に導くピッチングをするため
さらには自分自身を助けるためにも
表面上のピッチングだけではなく
ピッチャーとしての総合力を
高めていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です