プロを目指すあなたへ,まず確認して欲しいこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日ドラフト会議が
終わりました。
野球に興味がある方は
もちろん注目をし
どこの球団にどの選手が
入ったのかを
チェックしたことでしょう。

さてここで数年後の
ドラフトで指名されることを
目指しているあなたに
ぜひやっていただきたいことが
あります。

それは
今年ドラフトで指名された選手の
身長・体重・成績・プレースタイルを
調べることです。

プロ野球選手になるには
どうすればプロ野球選手に
なれるかを知ることが大切です。
その上で自分に足りないものや
目指すべき記録を定めることができ
まっすぐと目標に向けた努力を
行うことができるようになってきます。

その最初に行うべきことが
このドラフト指名選手の情報を
調べることです。

例えば
身長体重
これは大事な指標になります。
プロのスカウトの方も
まずはプロで通用する体や
ポテンシャルを持っているかを
この身長と体重から判断します。

自分がもし指名選手の平均的な
身長や体重に足りていないもしくは
成長しそうにないということが
分かった場合は自分に似た体格の
選手を探してみましょう。

体格が小さくても
プロ野球選手になるには
必ず理由があります。
例えば足が速かったり
小さくても速い球を投げることが
できるなど
このようなことは
少し調べれば知ることができます。
例えば
50m6.0秒
MAX150Km
捕手であれば
2塁送球1.8秒など

こうしたプレースタイルを
知ることで自分が目指すべき
選手像が見えてくることでしょう。

さらには
プロ野球に入るためには
ある程度プロに注目されることも
必要になってきます。

プロになった選手が
どの高校や大学、社会人チームに
所属していたのか?
甲子園に出場していたのか?
どれだけのホームランを
放っているのか?

これらの情報を知ることで
あなたはこれから目指すべき
具体的な目標や数字を
作ることができます。

例えば
高校では県大会などで
上位に進出しホームランを
30本以上打つ

投手であれば
大学生までに140km後半を
計測するなどです。

もちろんこうした
経歴や身長体重
さらには記録などは
あくまで数字にすぎません。
実際にはプロで活躍できそうだと
スカウトが判断する技術やメンタル面も大切です。

ですがそれでも
プロに行く選手は最低でも
これぐらいの数字を残している
ということを知っておくと
あなたも目標に向けての行動が
具体的になりやすくなってくるはずです。

プロを目指しているのであれば
あなたも今すぐドラフト指名選手を
チェックしてみましょう。

PS.まだ小学生などの場合は
身長や体重などを推測することは
難しいかもしれません。
ですが野球をする上では
身長が高いに越したことはないので
身長を伸ばすためにはどうすべきか
ということも考えてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です