「守備でリズムを作る」とはどういう意味?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球は攻撃と守備が交互に
入れ替わる競技です。
そのため攻撃が終われば守備
守備が終われば攻撃というように
試合は進んでいきます。

そんな攻守の交代でよく言われるのが
「守備からリズムを作れ」
という言葉です。
あなたも一度は聞いたことが
あるのではないでしょうか?

では守備でリズムを作るとは
いったいどういうことなのでしょうか?
あなたは明確に答えることができますか?

これはもちろん正解が
あるわけではありませんが
少し考えていきましょう。

まず守備でリズムを作る
というのは一般的には
守備を短い時間で
終わらせることをさします。
では守備を短く終わらせることによって
どのようなメリットがあるのでしょうか?

それはチームとしていい状態で
攻撃に向かっていくことができる
というメリットでしょう。

野球は失点を防ぐことも
大切ですが
それ以上に攻撃で得点を
することが大切です。
それはいくら失点を防いだとしても
得点を取ることができなければ
勝つことができないからです。

その攻撃で得点をするためには
チームとしての打撃力、戦略
そして「精神状態」が大きく関わってきます。

例えば
どんなに打撃力のあるチームでも
優勝がかかった
プレッシャーのかかる試合や
膠着した試合展開では
思うように自慢の打力を発揮することは
できません。
しかし、そうした緊張状態も
試合が進むにつれて
緊張がほぐれてきたり
一度試合が動きはじめれば
本来の実力を発揮することが
できるようになってきます。

また甲子園などを見ても
スタンドの後押しなどにより
精神状態が大きく変化し
9回によく点数が入るよいうことが
よく起こります。

このように野球は
チームとしての
精神状態がとても重要になってきます。

こうした精神状態を
良い状態に持っていき
本来の実力を発揮したり
時には実力以上の力を発揮させたり
するために守備のリズムが大切なのです。

守備の時間をテンポよく
終わらせ短くすると
攻撃の時間は相対的に
長くなっていきます。
そうするとチームとしては
守備よりも攻撃に対する意識が
強くなっていきます。

反対に相手は攻撃が短くなり
守備が長くなるため
「守らなければ、、、」
という守りの意識が強くなっていきます。

こうした精神状態に持ち込むことで
自分のチームは攻撃に対する
意識がさらに加速していき
一度チャンスを作ることができれば
打線が繋がっていき得点を奪うことが
できるでしょう。

これが守備からリズムを作れ
と言われる理由です。

では守備を短くするためには
何が必要なのでしょうか?

それはピッチャーの投球リズムが
大きく関わってきます。
ということで次回は守備のリズムを作るための
投球リズムについてお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です