打つべき球を打つ


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球はバッターが3割打てれば
良いバッターと言われるように
10打席あれば7打席は失敗があるという
ピッチャーが圧倒的に有利なスポーツです。

バッター側とすれば
いかに10打席の中で1本でも
多くのヒットを打てるかということが
重要になってきます。

もちろんピッチャーのレベルや
年齢によっても打率は左右されるのですが
プロ野球の世界では
対戦する全てのピッチャーが
プロの選手です。
ではなぜ一流選手は
そんな中3割を打つことができるのでしょうか?

まず一つ言えることは
どんなに良いバッターでも
全ての球種、コースを捉えることは
できないということです。

それは過去に4割を打った
選手が日本にはいないということが
証明しているように
どんなバッターでも苦手としている
コースや球種が存在します。

ではなぜ打率が高い選手と
低い選手が生まれるのかというと
打率の高い選手は
自分が打つべき球を
打っているからなのです。

苦手なコースや球種が
あるようにバッターには
得意なコースや球種があるはずです。

良いバッターは一打席で
一球くるかこないかというそのボールを
一発でとられヒットにします。
もちろん一打席の間に
そのボールがこないことも
あるでしょう。

そうした時は
割り切って狙い球以外にも
手を出していくしかありませんが
10打席あれば3球くらいは
狙い球がくるはずです。

プロのレベルになってくると
そうした得意不得意といった
データは蓄積され相手にも
研究をされてしまいますが
そうした研究をしたとしても
ピッチャーも全てのボールを
狙ったところにコントロールすることは
できません。
打席の中でファールなどで粘り
強引にでも狙い球を引きださせる
というバッターもいます。

ではプロ野球以外の世界ではどうでしょうか?

小学生でも中学生でも
高校生であっても
そのほとんどの場合
対戦相手のデータはそこまで
ありません。

そのため相手は自分たちの
得意なコースや不得意なコースを
把握していません。

また相手はプロのピッチャーではないので
コントロールミスはプロに比べれば
大雑把であることがほとんどでしょう。

そう考えると
10打席あれば
自分の狙い球は何球も
投げられてくるはずです。
その狙い球を一発で捉えることが
できれば打率は必ず高くなっていくでしょう。

あなたは大丈夫ですか?
バットに当たりそうだからといって
なんでもかんでも
ボールを打ちに行ってはいませんか?
もちろん苦手を克服し
打てるコースを増やすことは必要ですが
それでは相手のピッチャーを助けてしまっている
だけでしょう。

打率を上げるためにも
こうしたコース、球種ごとの
狙い球を絞ってみましょう。

PS
まずは自分の苦手、得意なコースを知るためにも
単純な打率を追うのではなく
打席ごとに打ったコースや球種を把握しておき
コース、球種別の打率を出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です