ビジョントレーニングとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ビジョントレーニングという言葉を
聞いたことがありますか?

 

最近では様々なスポーツの中でも
用いられることが多くなり
耳にする機会も増えているのではないでしょうか?

 

ですが
「実際にどのような効果があるの?」
「どうやってやるの?」
といった疑問もあるのではないでしょうか?

 

今回はそうした
ビジョントレーニングについて
簡単に説明していきます。

 

まずビジョントレーニングとは
簡単にいうと
目のトレーニングです。

 

真っ先に思い浮かぶ効果としては
視野の広さではないでしょうか?

 

野球においても
視野の広さはとても重要です。

 

また効果はそれだけではなく

 

空間認知能力集中力
さらに速いボールを見る力
記憶力まで上がっていくと言われているのです。

 

その為トップアスリートも
こうしたトレーニングを行なっている
選手がたくさんいるのです。

 

ではこうしたビジョントレーニング
どのように行なったら良いのでしょうか?

 

機械など専門的な施設で
トレーニングをすることも
できますが
まずはすぐにでも実践できる
トレーニングを
ご紹介するので
試してみましょう。

 

1,目の体操

まずはトレーニングを行う為の
目の体操を行いましょう。

 

まず正面を向き
右上→上→左上
左→正面→右
右下→下→左下
と全方向を順番にみていきましょう。

 

目も筋肉によって動いているので
まずはこのように
目の周りの筋肉を十分に
動かして目の体操を
行いましょう。

 

2,ピントを合わせる

次にペンなどを持ち胸の前に
持って来ましょう。
(指でも構いません。)
そうしてそのペンの先を10秒程度
じっくりと見つめピントを合わせましょう。

 

3,ピント合わせ2
両手でペンを持ち
前後or左右に広げてペンを持ち
その先に交互にピントを合わせてみましょう。

 

前後左右ができたら
今度は左上と右下
右上と左下など色々な場所に
ペンを持っていき
ピントを合わせていきましょう。

 

4,動くものにピントを合わせる

最後は持ったペンを動かしていき
そのさきにピントを合わせ続けましょう。

 

左から右
奥から手前
など色々な動きを試してみましょう。

 

実際にやって見るとどうでしょうか?
普段目をあまり使えていないという方は
このトレーニングによって
少し目がすっきりとしたのではないでしょうか?

 

これにより
動体視力や集中力も増していくので
普段のトレーニングの時だけでなく
試合前や打席に入る前などに
重点的に行なってみるのもいいかもしれません。

 

回数などは少なくても
いいのでまずは続けてやることを
意識してみましょう。



守備の基本練習7

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です