〇〇しっかりとしていますか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を真剣にしている
あなたは毎日楽しんで
練習をしたり
辛くても毎日自主練習を
していることでしょう。

 

そうした姿勢は
野球をこれからも
長く続けていくためには
必ず大事にしてもらいたいものです。

 

ですが
野球だけになってしまってはいけません。

特に学生の選手にとっては
野球は二の次
本業は勉強にあるということを
忘れてはいけません。

 

「俺は野球で生きていくから
やらなくても大丈夫だ」
「自分は頭が悪いからやっても無駄だ」

 

そう思ってしまう選手も
いるかもしれません。

 

ですがそれでも
学校での勉強を
おろそかにしてはいけません。

 

何故ならば
野球だけで生きていくことは
できないからです。

 

それはたとえ
プロ野球選手でも
同じことです。

 

もし本当に野球だけで
生きていってしまったのであれば
それは人間として
とても厚みのない、深みのない
つまらない人間になってしまうことでしょう。

 

そうした野球選手は
誰から見ても羨むような
また誰からも尊敬されるような選手とは
不思議となりません。

 

やはり野球と同様に
どんなことでもその時々で自分がやるべきことを
自分なりにでもいいのでしっかりと
努力をしていく姿勢が大切です。

 

たとえ苦手なことであっても
決してその課題から逃げずに
結果を出そうとする姿勢

 

たとえそれで結果が出なかったとしても
結果を出そうと努力をした
過程が大切なのです。

それはつまり逃げなかった
諦めなかったということです。

 

そうした癖をつけていかなければ
いざ社会に出た時
自分の得意分野しか手を出そうとせず
それ以外からは目を背け、諦め
努力すらしようとしない
人間になってしまいます。

 

それでは
もしかしたら目の前にある
大きなチャンスすら
見逃してしまうかもしれません。

 

そうした後悔を未来に
あなたがしないためにも
今学生である選手は
ぜひ野球と学業の両立を
自分なりにでいいので実践していって
もらいたいと思います。

 

また野球はよくても
勉強が足を引っ張って
希望の高校に入れなかったと
悔しい思いをしている選手を
何人もみてきました。

 

あなたが3年間過ごすことになる
学校の環境によっては
野球にも間違いなく
大きな影響が出てきます。

 

「もしあの学校に行っていたら、、、」
という後悔をあなたにして欲しくありません。

 

どんなことでも
手遅れということはありません。
思い立った時から
行動を起こしてみましょう!

 

 

PS,ある研究によると
最も大切な教科は数学と
言われているそうです。

それは論理的な思考が
つきやすいためであり

論理的な思考が発達すると
他の教科にも応用が効き
自然と他教科の成績も
上がっていくようです。

まず何位から手をつけてみればいいか
分からないという人は
算数や数学から手をつけてみるのが
いいかもしれませんね

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です