なぜ球場はセンターが広いのか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは球場の形に疑問を
持ったことはありませんか?

どの球場もセンターが
必ず広くなっています。

 

実はこれは正式に
ルールブックにも
記されており
センターが必然的に
広くなるようになっているのです。

 

ではなぜセンターを広くする
必要があるのでしょうか?

 

ここからは私の個人的な
考えですが
その理由をよく聞く
センター返しという言葉から
考えてみましょう。

 

よく監督,コーチにセンター返しを
しろと言われると思いますが
なぜ「センター返しをしろ」
言われるか分かりますか?

 

このなぜというのが
とても大切です。

 

それを意識せずにただ
センター目掛けて
打っている方は
その意味をしっかりと
ここで理解していきましょう。

 

センター返しとはバッティングに
おける基本です。
なぜ基本かと言うと
センターに返した打球が
最も飛距離がでるからです。

 

それは単純な話で
ピッチャーから投げられてきた
ボールに対して同じ方向に
ボールを打ち返すことが
1番反発力を生むからです。
(スイングスピードが同じ場合)

飛距離が出やすいということは
打球速度も速くなり
内野の間を抜けたり
内野の頭を超えやすくなります。
つまりヒットの確率が上がるのです。

 

それがセンター返しをしろ
と言われる理由です。

 

ここで球場の話に戻ると
レフト、ライトよりも
センターの方がフェンスまでの
距離は遠く、センターのポジションも
深くなっている理由が
わかるのではないでしょうか?

 

レフトやライトであれば
100mを越えれば
だいたいホームランになりますが
センターでは飛距離100mの
平凡なフライは山ほどあります。

 

もし球場の形がセンターも
レフトやライトと同じ距離であったら
ホームランが連発してしまうかもしれません。

 

また
センター返しには
まだまだメリットがあります。

 

それは反発力が強いため
多少スイングが遅くても
ピッチャーのボールの力を利用できるため
ゴロの打球も速く
内野を抜けてヒットになる
確率も上がります。

 

またセンター方向を
意識することで
ヘッドの返りが早くなって
しまうことを防いでくれます。

 

返りが遅くなることで変化球への
対応もしやすくなり
アウトコースへ逃げていくボール球
にもバットを止めることができるように
なります。


これだけの理由がセンター返し
という言葉の中に込められて
いるのです。

 

それを知らずにただセンター返しを
しろと言われても強く打ちたいから
思いっきり引っ張ってしまいたい
と思う選手もいると思います。

 

しかしセンター返しのメリットを
理解していればその意識も
変わってきます。

 

もちろんインコースの厳しいコースを
無理矢理センターに持っていく
必要はありません。

 

センター返しはあくまで基本です。

 

あなたもフリー打撃などで思い切り
引っ張った打球ばかり打っている
のであれば1度センターへ打球を
飛ばしてみて下さい。

 

そして打球の飛び方の違いを確認
してみましょう。
(犠牲フライを打つ時の
ヒントにもなるかもしれませんね)

 

そうすることでまた新たな
発見があり自分を成長させて
くれるはずです。

“なぜ球場はセンターが広いのか?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です